デニムシャツをこの夏、徹底的に着まわすためのコーデカタログ100選

1枚で着たりレイヤードしたり、肩がけしたり腰に巻いたりと、何かと便利なデニムシャツ。2016年も引き続きデニムのトレンドが続いているとあって、お持ちの方も多いのではないでしょうか。甘辛、レイヤード、カジュアルスタイルなど、様々なデニムシャツの着こなしをモデルや読モスナップから100コーデをピックアップしてご紹介します♪

甘口アイテムを合わせて甘辛に着こなす♡ 9選

シャツの裾結びをして素材のメリハリを際立たせる


インディゴのブルーとチュール越しのライトグレーをワントーンのように優しく見せる甘辛MIX。カジュアルとフェミニンの調和が新鮮です。デニムのシャツとミモレ丈のチュールスカートは、まったく異なるテイストですが、淡い色合いを使いながら上手にひとつにまとめています。トーンの近いアイテムを使ったコーデの時は、素材感でメリハリをつけましょう。デニムシャツは素材自体にハリがあり、ボトムのチュールを覆うのはNGです。折角のチュールの魅力が損なわれます。シャツはきっちり裾結びして、スカートとの境をはっきりさせるのが正解です。

デニムスシャツ+チュールスカートで甘辛コーディネート


デニムシャツをガーリーに着こなすならチュールスカートがおすすめです。白のチュールスカートの甘いテイストもデニムシャツを合わせれば甘辛ミックススタイルに! メリハリ感を出してくれる濃いめのデニムシャツがおすすめです。デニムシャツのラフさを強調するなら足下はスリッポンやフラットシューズがぴったり。チュールスカートの足下もラフさを演出してガーリーカジュアルな印象になります♪

ターコイズ(トルコ石)で取り入れるボヘミアンスタイル


ターコイズ(トルコ石)のネックレスとベルトを取り入れれば、簡単に全身ボヘミアンなスタイルに! トップスのデニムのシャツはグラデーションになっていて、ボトムスのホワイトのミニスカートと合わせることでまるで一着のワンピのように馴染んでいます。いつか真似したい見事なテクニックです。サンダルもエキゾチックなデザインのものをチョイスすることで、コーデのコンセプトが完成しています。

トレンドの“ウエストリボン”が甘めなワイドパンツは、カジュアルなデニムシャツと相性◎


今シーズン注目の“ウエストリボン”がフェミニンな、ピンクのワイドパンツ。「ピンク×リボン」の甘さ全開ボトムは、“デニムシャツ”の力を借りて適度にカジュアルダウンしましょう。“デニム”と“とろみ”の異素材MIXで、2アイテムの着こなしも洗練された雰囲気に。大人っぽいシンプルコーデも、きれい色パンツのおかげで落ち着きすぎず、女性らしく決まりますね。

フェミニンなぺたんこシューズ・アーモンドトゥパンプスは、きれいめ&カジュアルの両方似合う♪


こちらのスナップは、ポインテッドパンプスよりもつま先がやや丸みを帯びたアーモンドトゥパンプス。大人の女性らしいフェミニンな印象があるシューズで、履きやすいデザインのものが多いのが特徴です。ミモレ丈のスカートやワイドパンツなどの旬アイテムとの相性がいいので、ベーシックなデザインのものをひとつ持っていると便利に使えるシューズです♡ こちらのスナップでは、白のプリーツスカートと合わせて大人っぽい印象に♪

派手めな花柄スカートはカジュアルダウンして普段使いとして♡


カジュアルダウンさせて、普段使いとしてコーディネートしたいときは、デニムシャツを合わせるのがおすすめ。 特に花柄スカートの色味にばらつきがあると、普通の無地トップスはどちらかと言えばフォーマルな印象を受けます。 カラーというよりは“デニム”という素材感が、カジュアルに仕上げるポイントです。

すとんとしたマキシワンピースにはシャツを羽織って♪ ナチュラルテイストな着こなしに


こちらのスナップは、すとんとしたストレートシルエットのマキシワンピース。とてもシンプルなデザインですが、アウターをプラスすることで、物足りなくない着こなしになります♪ ジャケット代わりのシャツをふんわり羽織って、ナチュラルな印象に仕上げましょう♡

ブルー×ホワイトレーススカートで爽やかな大人のコーディネート♪


インディゴデニムのシャツに、ホワイトのレーススカートを合わせて、ライトブルーのギンガムチェックシャツを腰に巻いた大人の甘辛コーデです。足元はネイビーのパンプスを合わせて、全体に統一感をプラス。爽やかな大人のコーディネートですね♪

靴もかばんもベルトも“小物”がとにかく可愛いんです!


小物類がトレンドアイテムとしてたびたび紹介されるtitty&co.の商品。 靴はスカラップデザインやハートモチーフなど、可愛くて注目したいアイテムばかりです。 この秋冬はベーシックながらリボンモチーフのものが多いようです。 ガーリーさん、フェミニンさんの味方「titty&co.」に注目です!

レイヤードでマンネリ回避する上級者コーデ♪ 13選

デニムシャツをオンしてこなれ感を出そう♪


マキシワンピとカジュアルなデニムシャツをオンした“ゆる感”のあるコーディネート。休日のショッピングやリゾートに合うスタイルです。デニムシャツをフロントで結ぶことで足長効果とこなれ感を出しています。デニムシャツひとつで着こなしが変わりますね♪

デニムシャツはホワイトパンツと合わせることで爽やかに着こなしましょう♪


カラーが綺麗なデニムシャツはホワイトパンツと組み合わせることで爽やかな着こなしに仕上がります。そこにスナップのようにダークトーンのアイテムを合わせることで、季節感のある爽やかスタイルに。重くなりがちな冬のコーディネートのアクセントとしても重宝しますよ♪ デニムシャツはカジュアルな印象が強いので、トラッドなボトムスよりもシンプルなスキニーなどと合わせるのがおすすめ。ショートブーツなどトレンドを意識した小物使いにすることで。今年らしい着こなしに仕上がります♪

半袖はちょっと寒い金曜日の午後、買い物はデニムシャツが役立ちます


オフィスはもちろんとろみ素材のガウチョパンツは、一枚あると品よく着れるので便利もの。全身綺麗にまとめなくてよい金曜日の午後は、デニムシャツを合わせて雰囲気を変えるのもいいですね。何より肌寒い日には程よい肉感でしわも気にならない重宝アイテムです。

シャツを羽織に着こなす、デニムonデニムの着こなしは誰でも簡単にできるオシャレテク!


デニムシャツを羽織にして、インナーを見せることで全体的なデニムの印象が薄まり、初心者でも挑戦しやすいデニムonデニムのスタイルに。 それでも着こなしづらいという方は、シャツを腰に巻いてもOK! デニムのかっちりしたイメージに緩さを出してゆったりと着こなしてみるといいですよ。 デニムパンツを裾をロールアップして肌見せすることで、よりバランスも整います。

カジュアルなデニムシャツ&ジーンズは、黒のカーディガンで引き締めて♪


こちらは、デニムシャツ&ジーンズの組み合わせ。 色落ちしたデニムで揃えて、全身をすっきり見せています。 デニムの上下は着こなしがラフになりすぎるので、黒カーディガンで着こなしを引き締める効果が♪

スポーティーなパーカー×スカートで作る、デートコーデ♡


ふんわりとしたメッシュスカートとホワイトスニーカーでガーリーに着こなしたパーカーコーデ。 デニムシャツをINしたことで、大人っぽい印象になっています。 冬のデートはきめ過ぎないのが肝心! ボーイッシュにはずすのが今っぽいので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

トレンドのデニムと合わせた大人のカジュアルコーディネート♪


ネイビーのガウチョパンツにトレンドのデニムシャツを合わせたカジュアルコーディネート。 “デニム×ネイビーでワントーンにまとめる”と、大人っぽい印象に仕上がります。 ホワイトのTシャツとフラットシューズで“抜け感”を出すのも、オシャレ度アップのポイント◎ 上品なレザーのバッグできちんと感もプラスすれば、大人女子におすすめしたいガウチョパンツのお手本コーディネートの完成です。

ボーイズライクなカジュアルコーデはへそ出しでセクシーアピール


ボーイッシュコーディネートにへそ出しで女性らしさを演出。デニムオンデニムのコーディネートはボーイズ感が出てしまいますが、おへそをがっつり出すことで女性を意識したコーディネートに大変身。ニット帽をホワイト色の中折れハットに変えると、がらりと印象も変わってさわやかさが増して夏に映えるコーディネートになります。

マニッシュコーデにエレガントなエッセンスをプラス!


ネイビーシャツの胸元を大きく開けて抜け感を演出するのが今年らしいシャツの着こなし方。メンズライクなワイドパンツでマニッシュにシフトするのがこなれコーデのポイントです。仕上げにグレーロングカーデでほんのりエレガントムードをプラスすれば大人の女性らしいカジュアルコーデに仕上がります。

派手に目立ちたいなら強め原宿系スタイル♪


イエローの大きなチワワがプリントされた個性派Tシャツに、花柄のパギンスを合わせてスタッズ付きのGジャンを羽織って着こなす元気な原宿系スタイルです。ブラックのニット帽とショルダーバッグを合わせる事で、全体を引き締めてスッキリ見せていますね。強めの個性派スタイルです。

ZARAのすっきり涼しげなネイティブ柄のラップスカートで、爽やかな夏コーデ♪


ネイティブ柄やエスニック柄に定評があるZARA。こちらのスナップは、ZARAのネイティブ柄のラップスカートのコーディネート。色彩やパターンが濃くなりがちなネイティブ柄をすっきり涼しげに仕上げることで、きれいめな印象に♡

デニムのテーパードでほどよい “ルーズ感” を


テーパードとは、太ももがゆったりとしていて膝から下がすっきりとしたデザインのことです。あまり馴染みのない言葉ですが、知っておくと便利です。太ももが気になる方でも足の形に合わせたデザインになっているので、ほど良いルーズ感を出すことができるアイテムです。 シャツをインしてベルトをアクセントとして取り入れると、ウエストの位置が高く見えるので美脚効果としても使えるコーディネートになっています。デニムには色だけでなく形も豊富なので、お気に入りを探してみましょう♡

2色使いのデニムオンデニム


濃いめのデニム生地のワイドシャツと薄い色味のダメージジーンズをロールアップにし、黒のレースアップブーツを履いたコーディネート。首元にブルーのスカーフを巻く事でアクセントをつけた上級者テク。

ロング丈のデニムシャツで今っぽが叶う♪ 12選

ロングデニムシャツでスタイルアップ効果をプラス!


夏の王道コーディネート“白Tシャツ×スキニーパンツ”もデニムシャツを加えるだけで一気にお洒落感がアップしますよ♪ さっと羽織るだけで、簡単に縦長効果を演出できるので、サンダルとメガネでカジュアルなのに小洒落た楽ちんスタイルに◎ ロング丈のデニムシャツが1枚あれば、ワンピとしてはもちろん、スナップのように羽織りアイテムとしても大活躍です。

ロング丈のデニムシャツならアウター使いできる♪


モデルさんのコーデはボーダートップスとホワイトスキニージーンズのトレンドコーデにデニムシャツをオンしたカジュアルスタイル。ロング丈のデニムシャツをお持ちの方は羽織るだけでアウター代わりになります。気温が高くなればシャツ生地の厚さくらいが丁度良いかもしれませんね。

マキシデニムシャツコートでお散歩スタイル


このデニムシャツコートははおるとコート、ボタンをとめて着るとワンピースにもなる一石二鳥アイテム。ロゴTシャツにホワイトデニムのシンプルコーデもマキシ丈をはおるだけで、ポイント高し。バンダナスカーフをカチューシャ使いしてちょっと近所までおでかけスタイルの出来上がり。

肌見せをバランス良く♪


オフショルやショートパンツだけだと、大人女子にはちょっと元気なイメージになりすぎることも。ロング丈のデニムシャツでほどよく肌見せの割合を調節できます♪

ブルー×デニムシャツのラフな着こなしで抜け感のある色っぽさを演出しましょう 


今年はデニムアイテムが街中に溢れていますが、ロングのデニムシャツが中でも旬♪ 軽めの色合いならインナーを濃い色にするなど色のバランスを楽しんで♪

暖かい日には、デニムシャツワンピで女性度アップのスタイル美人に 


デニムシャツをさらりと1枚で着こなした、クールなスタイル。 肌寒い間は、モデルさんのようにインナーをレイヤードしましょう。タートルニットを合わせてもOK。春先にも使える着こなしですね!

ビッグシャツをブラウジングすれば、コーデにメリハリが出せ足長効果も期待できます♡


チュニック丈のビッグシャツをブラウジングすることで、メリハリのある着こなしが叶います。 ベルトの位置を高めにすることで、錯覚効果で足を長く見せることができます。 モデルさんのように、ショートパンツを仕込んでワンピース風に着ると、デートの時に彼をドキッとさせられますよ♡ ブラウジングで全体のラインを引き締めて見えるので、ボトムスを合わせてもコーデが野暮ったく見えません。

日差しに負けない色のコントラスト、ロングデニムシャツとピンクのフレアスカート


ヴィヴィッドなピンクとインディゴブルーのコントラストは、強い日差しの中でも主張します。 ちょっとアイテムの選択を間違えるとやり過ぎ感が出てしまうので要注意。できればピンクの色目のよいところを引き出しながらバランスをとるアイテムがコーデに必要です。 例えばピンクをフレアスカートにするならば、デニムのシャツを羽織るのが効果的。さらに個性のある二つのカラーをジョイントする、白をトップスに合わせると全体に落ち着きが生まれます。 足もとに”抜け”を作ればなお◎ 色のボリューム感が計算された甘辛MIXに仕上がります。

シャツワンピースは優秀なアイテムです♪


1着で2役の着回しができる便利なシャツワンピース。モデルさんのように1枚で着て、ニットのレイヤードはオシャレに決まります。また、羽織としても使えますのでコーディネートの幅はグーンと広がります。 シャツワンピースは流行に左右されないので、チェックや無地などいくつか揃えておくと重宝できますよ。

カジュアル派コーデにはピンクボトムでかわいさをプラス


アウトドアコーデやスニーカーコーデのようなスタイルには、 ピンクボトムでかわいさをプラスしてみてはいかがでしょうか♪  意中の彼がいるアウトドアのお誘いでも、 かわいく見られたい!そんなときはピンクのパンツを取り入れたコーデで恋を叶えましょう♡

夏はホワイトクラップドパンツ×デニムシャツで究極の涼しげコーデ♡


ホワイトの涼しげな印象のクロップドパンツに、デニムのロングシャツでさわやかなカジュアルコーデです。帽子や足元にも夏らしいアイテムを持ってくることにより、さわやかで清潔感がありますね♪ 中に着るトップスを細身のシルエットのものにし、ウエストをベルトでしっかりマークするとほっそり見えて足長効果もばっちりです!

ゆるっとデニムでリラックスコーデ♪


こちらのコーディネートは、ゆるっとした無地のデニムワンピースを細ベルトを使ってウエスト引き締め、腕をロールアップして着こなしたゆるゆるスタイルです。着やせ効果も抜群で着心地も良くとっても楽ちんなファッションです♪

デニムシャツをシンプルカジュアルに着回したい♪ 36選

デニムシャツは今季のトレンドカラーとの相性抜群!


今季の大注目カラー、テラコッタとも相性抜群のデニムシャツ。他にもベージュやカーキなどのアースカラーとも合わせやすいですよ。デニムシャツにアースカラーを合わせることで、トレンドのボヘミアンテイストなコーディネートが簡単に作れちゃいます♪ あくまでもちょっとだけボヘミアンというゆるさが今季のトレンドなので、ハリのあるガウチョパンツ×黒ヒール×クラッチバッグでクールに締めて、上品なアーバンスタイルに。

夏らしいホワイトボトム×デニムシャツで爽やかなきれいめカジュアルコーデ


デニムシャツは、夏には外せないホワイトボトムとの相性もバッチリです。合わせ方によっては地味に見えてしまいがちなデニムシャツですが、シャツの裾を前のみインして袖をロールアップすることで一気にこなれ感が出ます。また、ポインテッドトゥのパンプスを合わせることでグッと大人っぽく女性らしいコーディネートになりますよ。小物はオレンジ、イエロー、ピンクのようなフレッシュなビタミンカラーが今季のおすすめです♪

小物で投入すれば、テクいらずで大人っぽい


バッグやストールなど、小物で「チェック」を投入すれば、スタイリングにさほど気を遣わなくても大人っぽさをキープできます。シンプルコーデも、秋冬らしく彩ってくれるチェック柄の小物は持っておいて損はナシ♪ 特にタータンチェックのストールは、首に巻いたり、羽織ったりと、大活躍。オシャレ読モのスナップでも、よく登場しています。

オーバーサイズのデニムシャツはデートにもぴったり♡


オーバーサイズのデニムシャツとタイトスカートのコーディネートは爽やかでヘルシーなデートコーデ。観戦デートでも野外イベントでも、意外に歩く場合が多いので、足元はスニーカーなどのフラットシューズがマスト。インナーにTシャツなど、気温調節ができるようにしておくと日中のお出かけも安心ですね!

デニムシャツと合わせてカジュアルに着こなすワイドパンツ


カジュアルなデニムシャツとネイビーのワイドパンツを合わせた大人カジュアルスタイルです。足元もラフなスリッポンで雰囲気を統一していますね。ジーンズのかわりにワイドパンツをチョイスして着こなしの幅を広げてみてはいかがでしょう?

デニム×スカートにスニーカーを合わせてヘルシーさもプラス


スカートにインしたデニムのシャツがZARAのもの。肩、腕、胸から下にかけて程よいウォッシュ感がヴィンテージっぽくて素敵なデニムシャツ。全体的な色合いも濃すぎず、薄すぎずどんなカラーとも合わせやすいブルーになっています。肩のステッチや、ポケットに付いているフラップとボタンが他のファストファッションとの差。ブラウンのギャザースカートにシャツをインすることで、キレイめにも見えますが、スニーカーを履くことで、ナチュラルで活発な印象も与えてくれます。

デニムにもばっちり合わせやすいホワイトニット帽


こちらは今人気の丸眼鏡にロングデニムシャツ、チェックシャツとホワイトのショーパンを着用。足元とカバンは黒でニット帽はグレーをチョイス。あっという間におしゃれな女の子に変身できるトレンドアイテムを上手く使いこなしています。

デニムシャツとギンガムチェックのパンツは、スニーカーでカジュアルに着るシンプルコーデ♪


デニムのシャツにギンガムチェックのパンツ、スニーカーのコーデです。 カジュアルなアイテムの組み合わせですが、タイトなシャツ&パンツをきちんと着こなして、大人きれいめな雰囲気に仕上がっています。 デニムシャツは袖をまくって手首を見せ、女性らしさを演出するのがおすすめです。

ジョガーパンツはキレイを持ってきて、メリハリをつけて♪


トレンドのジョガーパンツは、部屋着みたいと思うママも多いはず。ですが、デニムシャツとパンプスを合わせるだけで脱・部屋着コーデに変身! 伸縮性があり動きやすいので、たくさん動き回るママにぴったりのアイテムです♡

おしゃれ度の高いストライプ柄スカートにデニムシャツを合わせる


ストライプ柄のボトムはコーデ全体のおしゃれ度をグッと上げてくれるアイテム。パンツやガウチョは定番ですが、意外と街でかぶりにくいのがスカート。ミモレ丈を選ぶことでトレンド感のあるコーディネートになります。デニムシャツとの相性も抜群。足元はパンプスやサンダルはもちろんですが、梅雨の雨の日にはレインブーツを合わせてもぴったりです。

春からのデニムブーム。今年を作るのはデニムかもしれない!


春に大流行したデニムジャケットはさすがにもう暑いので、デニムシャツへシフトしましょう。 羽織にもなるしトップスとしても使えるので、もっていて損はありません。 また、アースカラー同様にボヘミアンテイストにも使いやすいです。

きれいめスタイルは、“デニムシャツ”でカジュアルダウンして抜け感を◎


デニムシャツにホワイトのガウチョパンツを合わせた、きれいめコーディネート。 秋にホワイトパンツは「季節感を出すのが難しいな」と感じる方も多いと思います。でも、モデルさんのように濃いインディゴカラーのデニムシャツでコントラストをつけると◎ フェルトハットなど、秋小物を合わせるのもポイントです。 大人っぽい濃いカラーのデニムシャツがきれいめスタイルをほど良くカジュアルダウンさせて、“抜け感”のある着こなしをつくることができます。 シャツの袖はロールアップして手首を見せると、すっきりとした女性らしい印象をプラスできますよ♪

爽やかブルー×白パンプスのお出掛けスタイル


デニムシャツとブルーのスカートで爽やかなお出掛けスタイル。サンダルを合わせがちなコーディネートですが、今日は白パンプスで気分を変えたい。 一気に上品でレディなスタイルに仕上がります♪  大人の女性の魅力たっぷりの爽やかコーデはデートスタイルにもぴったりです♡ 

トレンド感たっぷり。デニムONデニムでシンプルなワントーンコーデ♡


インディゴのデニムシャツ+ネイビーのデニムパンツの組み合わせは、同じデニムでもちょっとしたカラーの違いでメリハリができ、おしゃれ感がアップするスタイルです。 秋冬定番アイテムのニット帽をかぶることで、今季らしいトレンドスタイルのできあがり!

オールデニムではしゃぎコーデ


こちらのコーディネートは、デニムシャツにクラッシュの入ったデニムジーンズを合わせたデニム×デニムのコーデです。足元はホワイトのレースアップスニーカーを合わせて爽やかに♪ ロゴ入りトートバッグがこなれ感を引き出してくれてとってもおしゃれなコーディネートです。

キレイなヒップラインが魅力的! 膝丈ペンシルスカート


膝丈のペンシルスカートは、上品な印象になる便利アイテム。 シャツインをすると、カジュアルなのにきちんと感が出てできるママ感UP! デニムシャツは濃い目のインディゴを選べば、汚れも気になりません♪ かっちりしすぎず、とっても親しみやすい雰囲気にもなります!

夏のトレンド「デニムonデニム」もタイトなシルエットで秋らしく着こなそう


ジーンズとデニムシャツの組み合わせで良く取り入れられていた「デニムonデニム」。 秋になったらデニムのタイトスカートで全体のシルエットをボディラインに沿ってまとめましょう♪ 大人の女性らしい艶っぽい印象を与えてくれるタイトスカートで、夏とはまた一味違った着こなしに。 ボルドーや深めのグリーンなど秋らしいカラーを小物として取り入れると、より季節感のある着こなしになります。

今季らしいデニムオンデニムコーデもクロップトフレアで決まり!


オーバーサイズのデニムシャツとクロップトデニムのワンカラーコーデも少し足元を見せると抜け感がでます。 定番コンバースを合わせてもカジュアル過ぎないのは、レザーショルダーバッグをチョイスしているから。

インパクトのある大柄のアイテムにも”スポサン”の相性バツグン♪


気に入ったトップスやボトムスがあっても、大柄だと他のアイテムとなかなか合わせられないと悩むことはありませんか? そんな時は”スポサン”がおすすめです。 ”スポサン”は抜け感があるため、大きな柄とのバランスがとれます。足元だけで簡単に今っぽいスタイルができあがるので、色々なトップス、ボトムスとの相性がいいのも嬉しいアイテムですね。

2016年夏もデニムオンデニムコーデが魅力的


ハードにダメージが入ったちょっと高そうなデニムもForever21ならプチプラ価格で手に入ります♡ ロールアップして高めヒールのパンプスと合わせるとオトナカジュアルコーデがビシっと決まりますね。デニムと同系色のシャツを合わせることで全体がまとまってクラッシュデニムでも落ち着いた印象に見えます。編み上げのクラッチバッグはこなれ感が出るアイテムなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

スカートにもスリッポンは相性抜群♪ グレーをチョイスしてカジュアル過ぎずフェミニンさをプラス


カジュアルな印象のスリッポンですが、スカートスタイルにも相性のよい、使えるアイテムです。 スナップのように、デニムオンデニムのコーディネートには、グレーのスリッポンを合わせると、カジュアル過ぎず、スカートのフェミニンな印象を損なわない大人の女性らしいスタイルになります♪

シャツをインしてすっきり見せる!


ファッショニスタのようにシャツをインするとすっきりした印象に。さらにボトムスとのメリハリがついて足長効果も期待されますね。腕まくりをして手首をのぞかせると”こなれ感”もプラスされます。 マキシ丈スカートは体型カバーにもなるので、さらっと着れますね。カゴバッグを合わせれば夏らしいコーデのできあがりです♡

ダンガリーシャツを今季らしくシフトするならボーイフレンドシャツがおすすめ


定番のダンガリーシャツも今季は、ゆったりとしたシルエットのアイテムを選ぶのがおすすめです。大きめのシャツをテーラードパンツにゆるっとINすることで、トレンド感のあるシルエットに仕上がります。足元はパンツと同色のブラックスニーカーで引き締めればスタイリッシュに仕上がりますね。

デニムONデニムが今年っぽい♡


デニムショートパンツの今年っぽいコーデは断然!デニムONデニム。 爽やかなデニムブルーをまとめるスタイルは夏にぴったりです♩ インヒールのスリッポンでスタイルアップして、大人可愛く着こなしてください♡

忙しいママの“送り迎え”ストライプコーデ


お子さまの幼稚園・保育園への“送り迎え”は、忙しい家事や仕事の合間を縫ってバタバタとしがち。服装まで気にする余裕がない!という方におすすめしたいのが「ストライプシャツ」です。いつものデニムに合わせるだけで“トレンド+清潔感”の両方が叶うので、難しく考えずにサッとコーディネートができてラクチンです♪肌寒い日は、スナップのようにデニムジャケットを羽織っても◎。“デニムオンデニム”の旬顔コーデに仕上がって、オシャレ度がさらにアップしますね。

きれいめに着るデニムジャケット選びのコツ♡


色落ちし過ぎていないシックなカラーのデニムジャケットは着こなしの幅が広がります! 今季人気のボリュームのあるワイドパンツやガウチョパンツ、ミモレ丈スカートと相性の良いコンパクトサイズのデニムジャケットは、きれいめデイリーコーデに活躍すること間違いなしです♪

差し色にもなる赤の「エスパドリーユ」でキュートにラクちん♪


SNSなどネットを中心に話題沸騰中の、GUの「エスパドリーユ」。カラーバリエーションが豊富な上、柄物も展開されているので、複数まとめ買いする方も多数いらっしゃるようです。モデルさんは、コーデの差し色として使える「赤」をチョイス。スナップのようなデニムオンデニムコーデのアクセントとしてもピッタリですね♪

デニム×デニムコーデのアクセントにはボーダーを♡ 体系カバー効果も!


デニムとデニムを合わせたコーディネートは、おしゃれだけと単調になりがち。そこで、ボーダーの大判ストールを羽織ると体型カバーになり、縦長効果があるのでスタイルアップしながらおしゃれを格上げ♪ デニムONデニムのコーディネートはメンズっぽくなりがちなので、足元にはヒールパンプスで女らしさも忘れずに!

パンツスタイルには少し落ち着いた色のグリーン。フラットパンプスやスニーカーとも合います♪


ハイウエストの脚長効果もありヒールが低めでもしっかりスタイルアップできています♪ 気温が高い日はとろみ感のある素材でも素敵ですね。肩掛けにしたボーダーTシャツもこなれ感アップ♪

難易度高めのワントーンコーデもデニムONデニムなら簡単上級者見せが叶います♪


上級者向けのワントーンコーデもデニムならチャレンジしやすいです。カジュアルイメージの強いデニムですが、シャツを合わせば子どもっぽくなりません。3首(手首、足首、首)見せで抜け感をつくるのがこなれて見せるコツ。 ハンサムイメージのブルーに差し色でピンクや赤など、キュートなカラーを入れると格上げコーディネートの完成です。

ストリートカジュアルなキャップ帽コーデ


ビッグシルエットのインディゴデニムシャツに、グレーのリネン素材のショートパンツを合わせたストリートカジュアルなスタイルです。キャメル色のキャップ帽でこなれ感が増しますね。レッドのハイカットスニーカーとインパクトのあるワッペンデザインのレザーバッグがアクセントになっていてカッコよく着こなしています。

大人カジュアル派さんは、「アンクル丈のテーパードパンツ」が買い♡ それだけでいつものコーデが旬顔に格上げできます♪


ずばり、この春旬顔に格上げできるデニムは、アンクル丈のテーパードデニムです。腰まわりはゆったり、すそにむかってスッキリしたデザインなので、気になる下半身カバーも叶って一石二鳥です♡ 裾をロールアップしてデニムを履くスタイルは定番ですが、アンクル丈になるだけで、コーデの鮮度がグンとアップします。 今年は裾が切りっぱなしになったダメージ加工がトレンドなので、手持ちのデニムをリメイクしているファッショニスタも多いみたいですよ♪ いらなくなったデニムを処分する前に、リメイクにチャレンジしてみてもいいですね。

ガウチョパンツのデニムONデニムで大人のトレンドスタイル


デニムONデニムも今年のNEWトレンドですが、マニッシュなガウチョパンツでのスタイリングなら落ち着いた大人の印象に仕上がります。 スナップのように足元をパンプスで合わせると、コンサバテイストをプラスできるので、より大人なスタイリングに。 カジュアルダウンしたいときは、スニーカーやコンフォートサンダル合わせもオススメです。 サッシュベルトでウエストマークすると、細見え&脚長効果にも!

休日にも♡ こなれたデニムONデニムコーデ


ダンガリーシャツに細めのパンツでおしゃれ感のあるデニムONデニムコーディネート。定番人気となったダンガリーシャツは、着まわし力抜群のアイテムです。パンツの生地はやわらかく、細身でも着やすくなっています。スナップのスタイルではパンプスを履いていますが、ホワイト色のスリッポンを合わせてあげると歩きやすく、足元までリラックスできるコーデになります。

シンプルな濃色スキニーデニムパンツは、ウエストインで女性らしさをプラス


デニムパンツの中でももっともシンプルなのがスキニーのストレートですが、ボーイッシュになりがちで、意外と着こなしの難易度は高めです。 ボーイッシュの中にも女性らしさを覗かせたい方は、細い部分を強調するように、ウエストインしたり足首を見せるように少しロールアップするのがおすすめ。 デニムオンデニムを上手に着こなすには、野暮ったくなりづらい、コンパクトなデニムをチョイスした方がコーディネートしやすいです♪

難易度高めのデニムONデニム風コーデにストローハットでまとまり感を♪


こちらのスナップは、ネイビーのシャツにインディゴのデニムを合わせたカジュアルな着こなしです。 デニムONデニムのような同系色のコーディネイトは、一見難易度高めに感じますよね。  そこにストローハットを組み合わせることで、 雰囲気が一気にまとまっています。 ブラウンベルトも同系色を引き締めるポイントですね。

デニムシャツを大人に、レディに着こなす♡ 8選

レディなオフィススタイルもプチプラMIXコーデでOK♡


デニムシャツとタイトスカートをコーデしたシンプルなスタイルですが、レッドのスカートをセレクトすることでレディに着こなしています。レオパード柄のバッグはトレンド感を出していますね。足元はブラックのパンプスかロングブーツが似合います。デニムシャツはGU、スカートはFOREVER21です。シンプルなアイテムは着回しできて良いですね♡

シャツもデニムでワントーンコーデ


こちらのコーディネートは、淡い色のデニムシャツとワイドデニムパンツを合わせた、デニム×デニムでつくるカジュアルワントーンコーデ。テーラードジャケット、パンプス、バッグはオールブラックにする事でシュッと引き締まり、大人っぽくシックに仕上がったコーディネートです。

桜色ピンクをカッコ可愛く着こなそう♪


デニムシャツとタイトスカートをコーデした大人カジュアルスタイル。 フロントスリットのタイトスカートはセクシーなイメージですが桜色ピンクならカッコ可愛い雰囲気にシフトされますね♡ フォルムがクールでもピンクをチョイスすることでソフトになります。 春らしい大人感のあるコーディネートです。

上品な白のフレアスカートは上品な大人女子にぴったり


ミモレ丈は上品でエレガントな大人の余裕を感じさせて、ワンランク上の女性を演出してくれます。白は清楚でさわやかな印象ですが、一方、濃い目のカラーを選べば落ち着いた印象になります。ミモレ丈のフレアスカートは、縦のラインを強調するので、トップスはウエストにインしてコンパクトに。足元にはヒールを合わせることで、つま先まですらりとスタイルよく見せる効果があります。バッグも重さが出ないよう小ぶりのものや、クラッチタイプがおすすめです。

デニムシャツ×プリーツスカート


パステルピンクのかわいいプリーツスカートも、デニムシャツと合わせるとほどよくカジュアルダウン。デイリーユースできちゃいます。

カジュアルコーデの足元はドレスシューズでクラシカルに


スポーティ&カジュアルなスウェットパーカにを重ねたスタイルにあえてシックなペンシルスカートを合わせています。 ラフな着こなしの仕上げにこそ美人度を上げる足元のドレスシューズが効果的。

トレンドのカットオフデニムは押さえておきたいアイテム♡


今年大流行中のカットオフデニムです。裾が切りっぱなしになっているのがポイント。手持ちのデニムを自分でカットオフしている方もいるようです。カットオフを引き立たせるため、全体をシンプルにまとめることで、こなれ感が出ます。同系色のシャツにすると統一感が出て、さわやかな大人っぽい印象になりますよね。デニムOKの職場であればお仕事にもOKのきれいめカジュアルスタイルです。スナップのようにヒールを合わせると、全体をきれいなシルエットに仕上げてくれます。今年買い足すには大注目のカットオフデニムはぜひチェックしてみてくださいね。

表情の違うネイビーの素材感で立体感のあるグラデーションに


デニム素材を主役にしたネイビーのワントーンコーディネート。カジュアル度の高いマットな素材感と、女性らしいアイテムのコントラストが新鮮。ナチュラル素材のクラッチでリズムを付けた表情豊かな着こなしが素敵。

肩掛け、腰巻き、デニムシャツでアレンジ自在♪ 22選

デニムシャツを肩掛けしてこなれ感のあるコーデに


デニムシャツは羽織るだけじゃなく、スナップのように肩に掛けてこなれ感たっぷりに着こなすのもありです。急な雨や夜になって気温が下がったときにサッと防寒にもなります。いつものコーデに変化をつけたいとき、肩掛けを試してみてください。

腰巻でアクセントをプラスして


1枚でキマるボーダーワンピは夏にピッタリのアイテム。ゆるっとしたシルエットにデニムシャツで腰巻をすればよりおしゃれになります。そうすることでアクセントになって、バランスの良いコーデになりますね! 肌寒いときにはさっと羽織っても大丈夫。邪魔にならないシャツの組み合わせは、ぜひ試してみたいですよね。

ナチュラルテイストなイエローを使いこなして


なかなか使わない色も夏には思い切って使ってみて♡ パステルカラーはどうしても甘すぎてしまいがち……。そんな時はデニムと合わせるとシンプルにまとまりますよ。 ロールアップをして足首を覗かせれば、すっきりとした足元に。デニムシャツを腰に巻いてアクセントをつければ更におしゃれなコーデのできあがりです♪

おうち着には欠かせないジョガーパンツで、休日ゆるコーデ♪


今シーズントレンドなジョガーパンツは、おうちコーデにもぴったりなアイテム♡ ジョガーパンツはスウェットパンツに比べてタイトシルエットなものが多いので、だらしなくなりすぎず、すっきり着こなせますね♪ ボーダー+デニムシャツを合わせて、休日のゆるコーディネートにぴったりな着こなしに♡

ガーリーなスタイルにもショルダーバッグがぴったり


あまりショルダーバッグを使ったことがない方は、ショルダーバッグはカジュアルなイメージがある方もいるかもしれませんが、デザインによってはガーリーなコーデにもぴったりマッチします。チュールスカートを使った女の子らしいコーデに、デニムシャツをウエストマークしてカジュアルめに抑えたコーデが魅力的ですよね。デートにもおすすめのスタイルです。

定番ブラックでカジュアルコーデをマスターして


やっぱり定番のブラックは持っておきたいですよね。濃い色のボトムスを選ぶことでより足をすっきりとしたラインに。チェックのシャツを加えるだけでカジュアルなコーデになりますよ。 デニムシャツを腰に巻けばメリハリのある着こなしになります。そうすることでバランスよくまとまりますね。

ミニ丈&ヘソ出しで差をつける! 花火大会は大胆に♡


花火大会だからこそスナップのように大胆に肌を露出するスタイルもおすすめ。露出の少ない浴衣とは違う魅力をアピールしたいなら、あえてのミニ丈、あえてのヘソ出しが魅力的に映ります。デートで花火大会に行く場合、男性は浴衣を期待している人も少なくありませんが露出多めのコーデなら彼をがっかりさせることもなく、逆にドキドキさせられますよ♪

ミラーサングラス×プリントTで定番カジュアルコーデ


ミラーサングラスは夏にぴったりなアイテム。鮮やかなレンズで一気にパリピコーデになりますね。ロゴTにデニムのショートパンツという定番な着こなしですが、サングラスがあるだけでガラッと印象が変わりますよね。 フェスには必ずスニーカーがお決まり。ヒールは危ないので絶対履いちゃいけませんよ! ミラーサングラスのコーデ一覧 プチプラのミラーサングラス一覧

小物使いが重要なTシャツコーデ


シンプルになりがちなTシャツスタイルです。 小物使いでグッと差をつけることができるので、 遊びの効いたコーデを作っていきましょう。 小物使いが上手い=おしゃれにみえるので、 シンプルなTシャツスタイルには小物をどんどん取り入れていくことをおすすめします。

気温に合わせてデニムシャツを腰巻き!


「羽織ってきたけど暑くなっちゃった……。」「夜は羽織がないと寒いかも」そんな時には腰巻きスタイルがおすすめです! シャツの腰巻きスタイルはボーイッシュになりがちですが、スナップのようにチュールスカートのようなガーリーアイテムと合わせると一味違ったコーディネートになりますよ。ガーリーになりすぎないよう、足元は白スニーカーで外しつつ、帽子やバンダナといった小物で遊び心を加えるとグッとバランスが良くなりますね♪

ボーイッシュな「スニーカー×腰巻き」スタイルは、上品なベージュを合わせれば大人っぽく着こなせます♪


「スニーカー×腰巻き」スタイルは、カジュアル派さんに定番の着こなしですよね。ベーシックカラーを合わせてシンプルにまとめることで、大人カジュアルに格上げすることができます。春に使うならベージュや白のような、明るい色がおすすめです。 ベージュは上品さを演出してくれるので、カジュアルな着こなしも大人っぽくキマります。 モデルさんのようにつば広ハットを合わせることでこなれ感が出て、コーデの洗練度を高められます。目線も上にあがるのでスタイルアップ効果がありますよ♪

カジュアルに着るチュールの白スカート♪カーキのTシャツと合わせてマニッシュに♪


カーキのVネックカットソーに白のマキシスカート、腰巻したGジャンのコーデです。 ふんわりした白のスカートは、可愛い系ガーリーなイメージの着こなしが多いのですが、こちらのスナップではカーキのTシャツにGジャン、アクティブなスポサンを合わせていて、マニッシュなニュアンスになっています♪

デニムシャツを斜めに肩掛けして抜け感を


単純な肩がけよりも、スナップのように斜めがけすることで周りと差をつけることができます。無地ワンピース+デニムシャツのようなシンプルコーデのときにチェレンジしてみて♪

ホワイトのタイトスカートを使った大人のワントーンコーデ♩


ロゴ入りのTシャツとホワイトのタイトスカートを合わせた大人のワントーンコーデ。 スタンダードな白ロゴTはスタイリングのじゃまをしない優秀アイテムとして、一着は持っておきたいアイテムです。 腰巻きをしてスタイルにメリハリをつけ迷彩バッグでアクセントを効かせていて、素敵に着こなしていますね♩

レースの「透け感」を利用して、大人っぽ&涼しげに


アラフォー世代のスカートコーデは、レース素材の「透け感」を利用して大人っぽ&涼しげに。膝が隠れるミモレ丈なら、上品に決まるので大人女子にもピッタリです。シャツの“腰巻き”でウエスト周りをカバーすれば、着やせ効果もバツグン。ちょっとしたお出かけにも使えるレーススカート、アラフォー世代のマストハブアイテムに任命です!

プチハイネック+ブラックカラーのスキニーデニムのシャープなトレンドコーデを、白スニーカーでソフトにはずす


カーキカラーのプチハイネックトップスとブラックカラーのスキニーデニムを合わせた、ベーシックなカジュアルスタイルです。 こちらもシンプルなスタイリングですが、ダンガリーシャツの腰巻きスタイルでこなれた着こなしにランクアップしています。 シャープでエッジの効いたスタイリングに、あえてホワイトカラーのスニーカーを取り入れることで、ハードになり過ぎない大人の秋カジュアルが完成します。

ビーチでは元気いっぱいに楽しめる大きめサイズをチョイス


ビーチやプールに行く時は何かと荷物も多くなりがちです。 可愛い水着やタオルを、元気カラーのクリアバッグに入れればもっと満喫できそうですね。 あんまりぎゅうぎゅうに入れるすぎると、今度は不格好になってしますので気を付けたいです。

GUのプチプラワンピースとコンバースのスニーカーのメリハリコーデ


ワンピースにスニーカーを合わせる時はバランスがとても重要です。無地グレーのワンピースはそのまま着ると、メリハリに欠けてスタイルがあまりよく見えません。ぺたんこのスニーカーを合わす場合はスタイルもよく見えるように、ベルトやシャツの腰巻きなどでメリハリをしっかりつけてください。女性らしいウエストラインをしっかり出す事で着やせ効果も狙っていきましょう☆

プリーツスカートをカジュアルめに着こなして春夏のレジャーにも


カジュアルなアイテムを合わせたコーディネートは、プリーツスカートを合わせることで大人っぽく着こなせます。チェックシャツの腰巻は、おしゃれはもちろん、夜になって肌寒くなってきたときの防寒にもぴったり。 おでかけするときは、『楽さ』、『防寒』、『でもおしゃれに』が大切なポイント。スナップは、それを全部叶えているカジュアルコーデのお手本のようなスタイルです。

腰にアクセントをつけてカッコよく決まる!


グレーのVネックTシャツに、スキニーパンツを合わせたワントーンコーデです。グレーだと膨張色で、ゆるさが出すぎるのでインディゴブルーのデニムを腰に巻いてあげる事で、アクセントをつけてあげると◎。おしゃれに決まります。足元はブラックのポインテッドトゥパンプスで引き締めてシックな印象に。

スポーツロゴサンダルはシンプルカジュアルのアクセントに


シンプルなスタイルのアクセント役としてこんなロゴタイプのスポーツサンダルもおしゃれですね! 洋服が単調になりがちな夏だかこそ、小物で遊び心を加えたいとき重宝します。お気に入りのタイプが見つかったらゲットしておきたいところです♪

身体を休める休日なら、ゆったりニットワンピースで!


ライトベージュが柔らかな印象を与えます。 ワンピースがゆったりとしたデザインなので、身体のラインがのっぺりとした感じに。 デニムジャケットやピンクのアイテムが差し色となり、のっぺり感もなくスッキリ纏まりを感じさせるコーデに仕上がってますね。

ライター:#CBK公式

The following two tabs change content below.