やっぱり「こんにゃく」はダイエットの強い味方! 食欲の秋に取り入れたい食材

少し前に『こんにゃくダイエット』が流行しましたよね。「こんにゃく」というと、低カロリーでダイエット向きということは広く知られています。
秋は食べ物が美味しくて太りやすい季節です。
「そういえば太ったかも……。」という方は、こんにゃくダイエットをはじめてみませんか?

f1eb9cf2188e1e48b884c32c6849955f_s

そもそもこんにゃくはなぜダイエットにいいの?

こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれています。その食物繊維が水分を吸収し、おなかの中で膨らむため、満腹感を感じて、食べ過ぎを防ぐことができます。結果、1日の摂取カロリーが抑えられるので、ダイエットにつながります。

こんにゃくダイエットの方法

こんにゃくダイエットにはいくつか方法がありますが、おすすめなのは食前30分前にこんにゃくと水を摂る方法です。

食事をする30分前に200mlの水を飲みながら200g程度のこんにゃくを食べます。板こんにゃくでも糸こんにゃくでもどちらでもかまいません。

そのほかにも、間食をこんにゃくに置き換える方法や、食事のメイン食材をこんにゃくに置き換える方法などあります。

調理方法が選べて好みの味付けに変えることができるので、続けやすいのもこんにゃくダイエットのメリットですよね♪

私は一時期、やきそばやパスタの麺をこんにゃくに変えて食べていました。美味しく食べられます。

こんにゃくが苦手な場合はどうしたらいい?

こんにゃくは低カロリーでダイエット向きなのはお分かり頂けたと思いますが、こんにゃくの独特のニオイが気になる、苦手だという方もいると思います。

そんな方でもおいしくこんにゃくを食べられて、こんにゃくダイエットを続けられるようなコツをご紹介しますね♪

下ごしらえが肝心です。この下ごしらえをすることで独特の臭みをとり、お料理の味が染み込みやすくもなります。

1.こんにゃくにフォークで穴を両面とも開ける
2.こんにゃくに両面とも塩をふる
3.こんにゃくを好みの大きさに切り、こんにゃくが浸るくらいの水を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる

これだけです。
こうすることで、こんにゃくに含まれる余分な水分が抜け、味が染み込みやすくなります。ニオイが緩和するので食べやすくなるはずですよ♪ 煮すぎてしまうとこんにゃくの栄養成分が溶け出してしまうので注意しましょう。

スーパーでも気軽に手に入るこんにゃくで、食べ過ぎた体をしっかりメンテナンスしていきましょう。
 

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。