モデルさんたちの着こなしに学ぶ、今年のハロウィンアイディア7選♡

夏が終わりに近づいて、秋の香りが漂ってくると、なんだかちょっとせつない気分になりますね。
でも考えてもみれば、秋にも楽しいイベントは盛りだくさん♪ 特に私たちが目を離せないのがハロウィンのコスチュームのアイディアです。いつの間にか定番化したハロウィンパーティは、非日常の世界へと導いてくれる楽しみなイベントの一つ。
今回は仮想の参考にしたい、ハロウィンコスチュームを一足先にお届けします♪

ハロウィンと言えば魔女コスチューム!

スタンダードな可愛い魔女のコスチューム。
全身黒ではなく、パープルが入っているところも重くなりすぎずgood。
全体的に暗くなりがちなので、スナップのように顔周りに大きめのピアスなどのアクセサリーを合わせると良いですね。
ここではジャック・オ・ランタンを持っていますが、キラキラの魔法のステッキと合わせてもかわいいでしょう♪

 

「スタンダードな魔女の衣装はつまらない!」という方におすすめなのが、こんな明るめトーンのコスチューム。
オレンジはかぼちゃを連想させるので、さしずめ「かぼちゃ魔女」♪
全体的にポップな印象になるので、お祭り気分にぴったりです。

 

ハロウィンの雰囲気を楽しむくらいでは物足りない、本気の仮装を目指すならこんな着こなしも。スナップではディズニーのマレフィセントの仮装にトライ。服装はもちろんのこと、メイクも重要です。胸元が開いているデザインを選んで、ちょっぴりセクシーに。

 

ハロウィンくらいプリンセスやヒロインになりたい!

いつまでもお姫様気分を持っていたいけれど、普段は甘めのコーディネートに踏み切れないという方はハロウィンにかこつけてプリンセスになってしまいましょう!
スナップ中央の白雪姫をはじめとして、ベルにオーロラ姫とみんなディズニープリンセスのコスチューム♪
ドレスに合わせてヘアアクセサリーまで手を抜かないのが大事です。コスチュームには独特の光沢感があるものが多いので、ヘアアクセサリーや髪型で手を抜くと、一気に安っぽくってしまうのでご注意を。

 

ちょっと変わったハロウィン仮装で注目を集めたい!

ハロウィン6

 

囚人服やミュージカルのようなコスチュームに挑戦してみるのもいいでしょう。他の人とかぶりにくいですし、自分でアレンジを加えることもできます。
スナップの左のモデルさんはまるでミュージカルキャッツのようなメイクでインパクトがありますが、よく見るとコスチューム自体はそこまで派手ではありません。「足りない部分を他のアクセントで補う」という考え方は、日常のファッションから非日常のコスチュームにまで有効です。

 

ちょっと派手なナースのコスチュームがキュートですね。
服装は違えど、色味とテーマを合わせれば双子コーデの完成です。このルールを合わせて、みんなで仮想を楽しむのも楽しそうです♪

 

自分の好きなキャラクターを全面に押し出すという手もあります。
普段も使えそうなつなぎに、ディズニーのリトルグリーンメンの小物を合わせたコスチュームからはオリジナリティのある発想と、「このキャラが好き!」という気持ちがよく伝わってきますね。小物を合わせただけで簡単に完成する、というのも魅力的です♪

 

いかがでしたか。
気を抜いていたらあっという間にハロウィンの時期が来てしまいます。
The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。