きちんとケアで長持ちさせる♪ ウールニットのお手入れ法♪

みなさんはウールのニットのお手入れ、どうしていますか?
「一度着たらウール製ニットでも翌日に洗濯する」という方もいらっしゃるかと思います。しかし、ウールはとてもデリケートな素材。こまめな洗濯はニットにとって傷みの原因になってしまいます。

ウールは洗濯しすぎると風合いが損なわれるうえに、毛玉の原因に!

丈夫なコットンとは違い、ウールは洗濯に弱い素材です。
ニットをなるべく痛めないためには、”あまり洗濯しない”のが理想的。
しかし汗や食べこぼしなどが付いていると、虫に食べられてしまう原因になります。
ウールのニットの正しいお手入れとしては、やはり時々は洗濯することが欠かせません。

ウールのニットは、どんなお手入れをしたらいい?

ウール製アイテムのお手入れは、洗濯表示をチェックして確認しましょう。
「ドライ」の指定がある場合は、クリーニングに出すほうが無難です。
手洗い可なら、ウールマーク用の洗剤を使うようにします。このタイプの洗剤は、デリケートな衣類の繊維をコーティングする効果があるので、ウールのダメージや縮みを最小限におさえてくれます。ニットを手洗いする時は、ゆるま湯を用意してやさしく押し洗いします。
あまり時間をかけず、手早く洗濯するのもポイントです。
汚れているからといって、熱いお湯やゴシゴシ洗いはNG。
熱湯はウールを縮ませてしまい、強く洗うとニットが痛んでしまいます。

ウールのニット、干すときの注意点は?

水分を含んだウールはとても変形しやすい状態にあります。いつものように脱水してしまうと、ニットの形が変わってしまうことも。
洗濯が終わったら軽く水気を切り、厚手のバスタオルにくるんで優しく水分を吸い取ります。
干す時はハンガーにかけないこともポイント。ハンガー干しは水分の重みで縦方向に伸びてしまうので、平干しが基本です。こちらのスナップのようなビジューや飾りボタンのような装飾が付いている場合は、洗濯の時にニットにひっかけてしまうことも。
手間がかかりますが、装飾ボタンなどはひとつひとつアルミホイルなどを使ってくるんでから洗濯するのがおすすめです。

ウールのニットをきれいに着るためには、 きちんとケアが欠かせない♪

ほかの素材に比べて面倒なお手入れのニット素材ですが、きちんとケアすればいつも気持ちよく着ることができます。
さらに、乾いたニットを中温程度のスチームアイロンを浮かせてかける事で、ふんわり仕上がります♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。