大きいお尻でお悩みの方へ♪ コンプレックスを解消する春のコーディネート術

大きいお尻は女性らしさがある反面、コンプレックスに感じている方が多いものです。
隠そうとするあまり、ファッションが楽しめなくなってしまうことも。
今回は、大きなお尻でお悩みの方向けコーディネート術をご紹介します♪

※本記事に登場するモデルさんは皆さんスレンダーな方ばかりですが、あくまでコーデの参考としてスナップを選んでいます。

大きなお尻対策コーデ:とろみワンピースで隠す!

体型コンプレックスのコーディネートは、大きく分けると「隠すか・見せるか」のどちらかになります。
大きなお尻を隠す例であまりよくないのが、チュニックなどロング丈トップスや、フレアーやギャザーのスカートを合わせるコーディネート。
ロング丈のトップスは腰周りのシルエットがぼんやり大きくなることで、”おばさん体型”っぽく見えてしまいますし、フレアーやギャザーのスカートは腰周りのボリュームでスカートが大きく膨らみ、かえって大きなお尻を強調してしまいます。
おすすめなのが、とろみのあるシフォンのシャツワンピース。とろみがあると下に向かって落ち感ができ、ボリュームが抑えられます

大きなお尻対策コーデ:腰巻きシャツで隠す!

気になるパーツをピンポイントで隠す”腰巻きシャツ”もおすすめです。
小尻体型だと貧弱に見えてしまうストレートなシルエットのワンピースも、大きなお尻をナチュラルにカバーしてくれるアイテムです
シンプルなナチュラルコーデがお好きな方向けな着こなしですね♪
シャツではなくカーディガンを巻くのもありです。

大きなお尻対策コーデ:ペンシルスカートでバランスよく見せる!

コンプレックスを「見せる」コーディネート。
ぴったりとしたボトムは大きなお尻を強調するイメージがありますが、タイトスカートやペンシルスカートはシルエットにメリハリができることで、大きなお尻を魅力的に見せてくれます♪
「あまりお尻を強調したくない」という方は、シルエットが目立ちにくいランダムな柄がおすすめ。ボーダー柄やストライプ柄のスカートは、お尻をより立体的に見せてしまうのでNGです。

大きなお尻対策コーデ:ハイウエストスカートでバランスよく見せる!

お尻が大きくてウエストが細い方には、ハイウエストのペンシルorタイトスカートがおすすめ♪
ハイウエストのスカートは、メリハリが効いた体型だからこそ似合うアイテム。小尻の方には着こなせません!
シューズがパンプスやハイヒールだと女度が高すぎるので、足首までのブーティでカジュアルテイストを混ぜておくと、セクシーすぎずに着こなせます

大きなお尻対策コーデ:ロングカーディガンでシルエットを曖昧に

大きなお尻を自然にカバーしてくれて、なおかつおしゃれに欠かせないロングカーディガンは、体型のお悩みがない方にとっても必須のアイテム。
とにかく使えるアイテムなので、1枚と言わず色、長さ、柄別に、何着か押さえておいて損はありません。
春はアウター選びにも悩む季節。「何か羽織るほどじゃない気もするけど、ちょっと寒いかも? 」そんな日のライトアウターとしても使えますよ♪

 

2017年3月10日 mamiko 更新

The following two tabs change content below.

#CBK編集部

#CBK編集部の公式アカウントです。編集部からも様々な情報を発信していきます♪