肩幅が広くてノースリーブに抵抗がある方へ! “華奢見えするコーデテク” をご紹介♪

夏になるとノースリーブが着たくなりますよね。
夏だからこそ着られるおしゃれアイテムです。
でも、ノースリーブを着てみたら、肩幅が広く見えてしまうことも。
ガタイよく見えてしまうために、つい避けてしまっているという方へ、ノースリーブを着こなすテクニックをご紹介します。
コンプレックスをカバーして、ノースリーブのおしゃれを楽しみましょう♪

※記事中のモデルさんたちはスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考いただけると幸いです。

肩紐が広めのノースリーブで肩幅をうまくカバー

肩紐が細いタイプは横のラインを強調してしまうので、肩幅が気になってしまう原因になります。スナップのような腕にかかるくらいの広めの肩紐のノースリーブを選べば、うまく肩幅をカバーできます。
ストンと落ちるシルエットのものを選べば縦のラインが強調されるのでおすすめです。

胸元が開いた開襟シャツやVネックノースリーブを選ぶ

胸元が開いたタイプを選ぶと、肩から視線を散らすことができます。肌見せすることで夏らしく涼しげな雰囲気にもなります。
サングラスなどの小物を襟部分に持っていくことで肩に目線がいきません♪

フレンチスリーブタイプの物を選んで可愛いままでコンプレックスを解消

袖にボリュームのあるフレンチスリーブタイプのものは、可愛いのにコンプレックスも隠してくれる効果が♡ シルエットが逆三角形になるので、ウエスト周りも隠してくれてスタイルアップの効果も期待できます。
フェミニンで可愛いので、デザイン性を楽しめるのも嬉しいポイントです。

ノースリーブ×肩掛けカーディガンで肩幅をカバー

00

どうしても肩幅が気になる方は、カーディガンやシャツなどを肩にかけてカバーしましょう。UV対策にもなるので日焼けをしたくない方にもおすすめです。昼間暑くても夜は肌寒くなることもあるので薄手の羽織りアイテムは夏でもあると安心ですよね。
この夏はノースリーブのファッションも楽しんでみてください♡

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。