秋のピアノ発表会、親はどんな服装で出席する? 上品キレイなママになるコーデ♪

最終更新日: 2017/06/30 by watabe

秋は春の次にピアノの発表会が多いシーズン。お子様の衣装選びに忙しいママも多いのではないでしょうか?
当日は、ママたちもおしゃれしてお子様を応援したいものですが、保護者はどんな服装で出席したらいいのでしょうか?
今回は秋のピアノ発表会に使える、きれいめママコーデをご紹介します♡

シンプルコーデをおしゃれに着こなす、ピアノ発表会の褒められママコーデ♪

ピアノの発表会の規模には色々ありますが、基本はフォーマルな場。ジーンズやスニーカーは当然NGです。
会場にもよりますが、スーツほどきちんとする必要はあまりないようです。シンプルコーデがお好みのママなら、シックな無地のワンピースはいかがでしょうか?こちらのスナップのような栗色ワンピースなら、上品で秋らしさがあるママコーデに仕上がります♡

シャツやガウチョパンツ、ロングジレなどのシンプルきれいめ系アイテムを単品で組み合わせるのもおしゃれですね♡

ピアノの発表会のお子様ドレスはカラフルなものが多いので、ママはベーシックで控えめな上品なカラーコーデで、主役を引き立たせる着こなしがベストです♪

きちんときれいめなママコーデ♡ ピアノ発表会で使える、コンサバ系ワンピース♪

きれいめで清楚なコンサバ系コーデも、ピアノの発表会のママコーデにぴったりです♡ フェミニンなバッグやアクセサリーで、上品なママコーデに♪

コンサバ系きれいめワンピースは、誰からも好印象なアイテムです♡ とろみのある女性らしいワンピースや、ファンシーツィードのクラシックなワンピースで、きちんとした大人の女性の着こなしに仕上がります♪

大人可愛いバッグやアクセサリーで、優しい印象のママコーデに♪

パンツ派の方は、ワイドパンツで落ち着いたきれいめコーデを

パンツ派の方は、きれいめなワイドパンツを選びましょう。シックな印象になるので、発表会の席でも浮きません。
普段スカートをはかない方はもちろん、トレンド感を押さえるのにもおすすめです。

クラシカルなシャツと合わせたり、ジレと合わせたり、発表会に集まる層に合わせて使い分けましょう。
ブラック、ネイビー、グレーといったベーシックなカラーであれば万人ウケするのでどんなシーンでも問題なく使えます。

華やかさを足したい時は、トーンを落としたきれい色を取り入れてみて。派手すぎないのにどこか上品な、発表会にふさわしい落ち着いたコーデが完成します。

楽ちんなのに上品見え♡ オールインワンコーデ

ちょっとしたお呼ばれやパーティーにも着られるオールインワンは、発表会でも使えるアイテムです。秋冬の発表会なら、ファーをプラスすればエレガントになります。

あまり人数の多くない小規模の発表会であれば、デイリー使いもできる深めVネックのオールインワンも使えます。少しカジュアルな印象なので、足元はパンプスできちんと見せましょう。

会場を出てしまえば、少しハードな印象のライダースジャケットでも問題ありません。いかにも発表会帰りです、といった雰囲気になるのを避けたいならアウター使いで差をつけましょう。

リボン付きのフレアスカートできちんと見え大人フェミニンに

ウエストにリボンがついたフレアスカートなら、きちんと見え&大人可愛いが叶います♡ ベーシックなアイテムと組み合わせるだけでもおしゃれに見えるので、発表会にもってこいです。

足元はパンプスが基本です。高いヒールが苦手な方は、フラットなものでもきちんと見えは叶います。
地味に見えてしまうのを防ぐため、トレンド感のある小物使いを意識するとより魅力的なコーデになります。

同系色のアイテムを合わせてセットアップ風、ワンピース風に着こなすのもおすすめです。これならお手持ちのアイテムでしのげそうですよね♪

おしゃれ度高めの鮮度の高いコーデを目指すならタイトスカートで

きちんと見えしつつ、なおかつおしゃれに見せたいという方はタイトスカートがおすすめです。フェミニン過ぎず、でもレディなコーデに仕上げてくれます。

タイトスカートのシルエットを活かすため、上半身はコンパクトにまとめるとスタイルがよく見えます。特別な工夫をしなくてもおしゃれに見えるので、コーデに自信がない方はこの組み合わせを参考にしてみてくださいね。

ベーシックな組み合わせなので、カラーアイテムで遊び心をプラスするのも良いですね。コーデが華やかになります。

 

2017年3月5日 mamiko 更新
2017年6月30日 watabe 更新

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。