ファッショニスタに学ぶ、おしゃれな冬のママコーデ!

寒くなってくると、毎日の公園コーデやスーパーに行く服、着込むだけでオシャレなんて二の次になってしまう……。そんな悩みを抱えるママは多いはず。

でも、そんな毎日のマンネリコーデは今年は封印しませんか?ママでもいつも可愛くいたい! CBKのママモデルからおしゃれなコーデテクを学びましょう♪

王道のデニムコーデは細身&きれいめアイテムで上品カジュアルを

動きやすさもスタイルアップも叶う細身のデニムコーデ。トップスのホワイトと、さわやかな淡ブルーのロングコートで、上品な雰囲気に。足元は子供を追いかけられるようにぺたんこのスリッポンをチョイスしましょう。スリッポンなら、歩きやすいのにきれいめなアイテムなので歩き回るママにもおすすめです。

ゆるめデニムは、ダスティピンクブラウスで大人可愛く♡

動きやすいゆるめのデニムはママコーデの鉄板アイテム。それを上品に見せるのは、大人女子にもぴったりなダスティピンクのブラウス。ピンクベージュを基調とした落ち着いたトーンでまとめれば、統一感のあるコーデになります。足元はパンプスできれいめに仕上げましょう。アクセサリーでファーの物をプラスするなど、遊びを足すのも可愛いですよ。

学校行事にもOK! きれいめモノトーンコーデ

落ち着いたモノトーンコーデで、学校行事にもOKなスタイルに。トレンドのゆる×ゆるシルエットも、シックなモノトーンでまとめればすっきりと着こなせます。トップスの裾はINして、スタイルアップを狙ってコーデしましょう。もっときれいめめな印象に仕上げたいときは、足元をパンプスに替えるのもおすすめです。バッグもレザーのものにチェンジすればきちんと見えしますよ。

イベント時はダークトーンで大人の上品さをアピール

特別なイベント・行事などにおすすめのきれいめコーデです。全体を落ち着いたダークトーンでまとめて、でも地味にならないように足元にはシルバーのパンプスで華やかさをON。アクセサリーをパール系のものにすれば、より品のあるスタイルにあります。逆にカジュアルに見せたいときは、チェック柄やファー素材の小物をプラスする着こなしがおすすめです。

 

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。