スカジャン・ベトジャン・MA-1……今さら人に聞けないミリタリーアウターの豆知識

2016年の秋冬から2017年にかけて、なかなかクセのあるミリタリー風のアウターがトレンドとなっていますよね。

スカジャンにベトジャンにMA-1・・・「聞いたことはあるけれど、実際何がなんだかわからない!」という方も意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回はこれらのアウターがどんなものなのか、歴史を交えてわかりやすくご紹介したいと思います。

今さら人に聞けないミリタリーアウター1、スカジャン

スカジャンとは光沢のあるジャンパーに、主に和風の刺繍の柄を入れたもののことです。

横須賀の基地にいたアメリカの軍人が、自分たちのジャンパーに刺繍してもらったことが始まりなんですよ。

ヨコスカのジャンパー=スカジャン

というわけですね!

アメリカの軍人たちが本国へのお土産にする……というわけで「スーベニア(お土産)ジャケット」という名前もあります。

現在では幅広い年代で愛され、女性にも愛用されていることは皆さんもご存知のとおりです。スナップのファッショニスタのように、甘辛の組み合わせでももちろんOK。

スカジャンの持っている光沢感は意外とシックにまとまるので、お手持ちのアイテムと合わせてみるといいでしょう。

今さら人に聞けないミリタリーアウター2、ベトジャン

ベトジャンとは「ベトナムジャンパー」の略で、実はスカジャンの仲間です。

スカジャンの中でも、特にベトナム戦争時代(1960~1975年)に作られたものを言います。

刺繍のデザインがベトナムの地図をモチーフにしたものが多いのが特徴です。

スカジャンよりも歴史が浅いためか、ファッションよりもミリタリーっぽさが全面出ているものが多いですね。

基本的にビッグシルエットではないデザインなので、「今ビッグシルエットが流行っているけど自分には似合わない」なんて思っている人にもおすすめです。

スナップのアウターよりも、カーキなどのアースカラーのものを指すことも多いようです。

今さら人に聞けないミリタリーアウター3、MA-1

スカジャン・ベトジャンと同じく、MA-1も軍由来のものです。

もともとMA-1はフライトジャケットでした。空軍の航空機のパイロットが乗るものだということですね。

航空機に乗っているとすごく寒いので、防寒のためのアイテムとして進化したのがMA-1なのです。そのため、古着屋さんで本物の軍用のMA-1を購入すると、すごく暖かくてびっくりするくらいです。

でも現在のファッション目的のMA-1の場合は、あくまでもデザイン重視。

デザインの魅力は何と言ってもシンプルでマニッシュなこと!

スナップのファッショニスタのように、思い切ってボーイッシュに着こなしたい人には特におすすめです。

いかがでしたか。

スカジャン、ベトジャン、MA-1、いずれも軍由来のファッションアイテム。

それぞれの個性に合わせて、自分の好きなものをチョイスするようにしましょう♪

The following two tabs change content below.
みずしま

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です