「なかなか寝付けない……。」 質の良い睡眠のためにやるべき5つのこと!

最終更新日: 2017/01/31 by watabe
夜布団に入っても、なかなか寝付けなくて、朝の寝覚めが悪い、そんな経験は誰にでもあると思います。 いつも朝は、自分の体に鞭打って起きているという方は、睡眠の質を上げると、快適に起きられるようになるかもしれません♪ せっかく寝るなら、質の良い睡眠でスッキリ朝を迎えましょう!

良い睡眠のためにやるべき5つのこと!

1.朝の白湯でデトックス! 朝起きたら、白湯を300mlほど飲みましょう。朝に白湯を飲むと、胃が活性化して体も活動モードに入ります。朝、白湯で体を目覚めさせることで体内時計が整っていきます。 その後も、1日かけて2Lの白湯もしくは常温の水を飲んでください。水分をしっかり摂ることにより、老廃物が流れやすくなりデトックス効果も♡ 2.夜ごはんは就寝3時間前までを心がける 寝る前に食事をすると、体は寝ている間も消化活動をするので睡眠を妨げてしまいます。遅くとも、寝る3時間前までには食事をすませるようにしてください。 仕事などでどうしても遅くなってしまうときは、せめてスープなどの汁物に抑えるようにしましょう。これも、寝る30分前までを心がけてくださいね。 3.夜飲むなら、ノンカフェインのハーブティーで 白湯、もしくは常温の水以外を夜に飲むなら、ノンカフェインのハーブティーがおすすめです。カモミールやオレンジピールなど、リラックス効果を高めてくれるものを飲みましょう。 4.スマホやパソコンは寝る1時間前には終わらせる! 現代社会で睡眠を妨げるのがスマホやパソコンです。寝る前にスマホを触ってしまう気持ちは分かりますが、脳が活性化してしまい眠れなくなります。 良い睡眠のためには、寝る1時間前からは見ないようにしましょう。 5.夜は部屋の照明は消す 眠気を誘うメラトニンは、明るいと分泌量が減ると言われているホルモンです。部屋は真っ暗な状態で寝た方が睡眠には良いです。 暗いと眠れないという方は、徐々に消えていく照明に変えるのも手です。   ちょっとの心がけで睡眠の質は変わります。 良い睡眠は、良い目覚めに必須です! 寝るときはしっかりと眠って、気持ちの良い朝を迎えましょう。
The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。