赤いバレエシューズとボーダーでパリジェンヌな春コーデ

最終更新日: 2017/02/27 by watabe

フレンチカジュアルらしい可愛いコーデの王道といえば、ボーダー柄と赤いバレーシューズの組み合わせ。60年代のファッションを思わせる着こなしを今年らしく、自分らしく着こなせたら素敵ですよね♪
今回は「フレンチカジュアルな可愛いを作るならボーダー柄のトップスと赤いバレーシューズで間違いなし! あなたはどんなボトムスをチョイスする? 春待ちコーデ4選」をご紹介します。

グレーのワイドパンツで大人っぽく

靴の赤を落ち着いた雰囲気にしてくれるグレー。モデルさんのように、ワイドパンツで取り入れるとさらにシックな雰囲気にまとまります。
タックが入ったデザインのパンツは、メンズライクな雰囲気が加わります。バレエシューズの女の子らしさとの甘辛バランスが新鮮ですね♪

きれいなカーキ色でこなれたカジュアル

春の雰囲気を盛り上げるカーキ色。カジュアル感が強いトップスとボトムスの合わせですが、バレエシューズでエレガントさをプラスしています。さらに、カーキ色の中でもモデルさんのようなスモーキーなお色をチョイスすると、高見えコーデに。足元の赤色を、品よく引立てきれいめな印象に仕上げます。

ネイビーのデニムパンツはマリン気分をアップ

ボーダーのマリンなイメージを盛り上げるなら、ボトムスはネイビーをチョイス。モデルさんのようなキャスケット帽をプラスすると、さらに気分が高まりますね♪
赤い靴がアクセントとなって、パリジェンヌを思わせる着こなしになります。

定番のデニムパンツは普通すぎない個性をプラス

ボーダーと赤いバレエシューズにスリムなパンツを組み合わせると、60年代のフレンチロリータを思わせる王道スタイルに近づきます。
ここからがセンスの見せどころ! モデルさんのように大判ストールとクロスボディしたショルダーバッグでシルエットに表情を作ったり、ボーダートップスのお色にこだわったり、自分らしく王道コーデを進化させたいですね♪

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。