ベージュでつくる、きれいめオフィスコーデ! 地味に見せない着こなし術

最終更新日: 2017/03/30 by watabe

暖かくなってきて、そろそろ通勤スタイルにも春らしさを取り入れたい気分ですよね。
春といったらベージュ。でも一歩間違えると、ただの地味なコーデになりかねない難しいカラーでもあります。
そんな悩みを吹き飛ばすおしゃれな着こなしをご紹介します。ぜひこれからの通勤スタイルの参考にしてみてくださいね♪

ベージュワントーン×ライトブルーで新鮮コーデ

一見シンプルなトップス&ボトムスの着こなしですが、細かいディティールに凝ったアイテム選びで脱地味コーデ。
今季トレンドのウエストリボンがポイントになったパンツを選べば華やかさがアップします。パンツと少しだけカラーのニュアンスが異なるベージュガウンを羽織って、のっぺりしないようにコーディネート♡ 春らしいブルーのバッグも素敵です。

ベージュ×ブラックでコンサバコーデ

全身淡いカラーでまとめるのに勇気がないという方は、着慣れたブラックと合わせてキリッとしたスタイルに仕上げるのがおすすめです。トップスにベージュを持ってくれば、顔まわりが明るくなります。
バッグはホワイトを選んで、コーデに軽さを出すことを意識しましょう。パンプスでカラーを合わせて華やかさをアップするのもありです。

着こなしの幅を広く! ベージュカーディガンをトップス代わりに♪

ベージュのカーディガンの前ボタンを留めるとトップスとして着られます。大胆なフラワー柄が印象的なスカートを、よりきれいに見せてくれますよね。
カーディガンをトップスとして使うスタイルは去年から注目されている着こなし方なので、ぜひチャレンジしてみたいコーデです。パンプスはトップスとカラーリンクさせて、全体の統一感も意識するとバランスよくまとまります。

王道のベージュトレンチは華やかカラーでアップデート

きれいめなホワイトコーデに、王道のベージュトレンチを羽織ってすっきりとしたコーデに。地味にならないように、春カラーのパステルストールを合わせてコーデにポイントをプラスすれば、季節感のあるコーデになります。
他の小物はストールの色味を邪魔しないように、シンプルにベージュで統一しています。
スタイルに自信のない人は、ウエストに細めのベルトをプラスするとキュッと引き締まって見えますよ♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。