何を着る? 気温差には軽さを取り入れたダスターコートが便利すぎる

最終更新日: 2017/04/13 by watabe

寒暖差が激しいこの季節、暖かいと思って外出したら夜は寒かった、なんてこともよくあります。 コートは重いし、カーディガンは防寒に欠ける、そんな時に便利な「ダスターコート」をご存知ですか? 名前の由来は元々は貴族がオープンカーに乗る際にほこりよけの為にサッと羽織っていたコートから来ており、ほこりよけコートという意味。軽さを取り入れたスプリングコートは今季のトレンドで、素材も軽くてソフトでシワになりにくいポリエステル中心の素材が多く使われています。 天気予報に悩むことがなく快適に過ごせるダスターコートコーデを紹介します。

ベルトマークでレイヤードな着こなしが楽しめる

軽くてソフトな素材が魅力のダスターコートは、ベルトマークしてロングスカートとの重ね着が楽しめます。きゅっと絞ったウエストが女らしいシルエットに。ちょっとしたアイデアで通勤コーデのマンネリ打破になります。

旬なロング丈のダスターコートはIライン効果あり

ロング丈のコートは今季もトレンドです。モード感あるコーデならワンドパンツとの組み合わせがおすすめです。インはデニムジャケットで温度差対策もバッチリ。カジュアルだけど大人っぽい着こなしです。

トレンチコートよりも重たくない、軽いデザインが魅力

せっかく春になったのに重たいコートは着たくないですね。そんな時、ダスターコートの魅力は軽くさっと羽織れること。ベーシックなベージュカラーのコートには鮮やかなグリーンのパンツでアクセント。おしゃれ格上げコーデです。

ユニセックスでオーバーサイズなデザインが今っぽい

身幅をたっぷりと取ったオーバーサイズが今年らしいデザイン。定番コートもサイズ感で今っぽく着こなしましょう。ネイビーのニットとパンツのワントーンコーデは、ホワイトTシャツの裾をチラ見せすることで、こなれ感が出ます。

The following two tabs change content below.

Lilac

某通信販売会社のファッション企画等を経験後渡英。フャッションジャーナリズムやグラフィックデザインを学ぶ。帰国後アパレルマーチャンダイジングに携わる。海外ストリートファッション、着心地のよいシンプルなものが好き。