NEWトレンドは“パラッツォパンツ”!? 今さら聞けない、人気のゆったりパンツを総復習♪

最終更新日: 2017/05/04 by watabe

人気がどんどん加速している“ゆったりパンツ”。広がりのあるシルエットで体型をカバーしつつ動きやすいのがブームの秘訣です。

日々トレンドが進化し、新しいアイテムが次々に登場しているファッション界。ゆったりパンツの最新アイテムと言えば、GU(ジーユー)のCMでも話題の“パラッツォパンツ”です!

“ガウチョパンツ”に“スカンツ”など、ゆったりパンツの呼び名は実にさまざま。「どれがどのようなデザインかいまいちよくわからない」という方も多いのでは?

今回は今さら聞けない“ゆったりパンツ”のトレンドを総復習! 最新アイテムの“パラッツォパンツ”まで、おすすめコーディネートを含め5つご紹介します。

“ガウチョパンツ”は暖かくなるこれからの季節におすすめ! 春のモノトーンスタイル♪

ストライプ柄のガウチョパンツにホワイトのフレアスリーブシャツを合わせた、トレンドスタイル。

“ガウチョパンツ”とは、たっぷりとした裾広がりのシルエットが特徴の7分丈のパンツのこと。
足元に抜け感を演出でき風通しも良いので、暖かくなるこれからの季節に特におすすめです。

7分丈は「バランスよく着こなすのが難しい」と感じる方も多いかもしれません。でもスナップのようにトレンドのサッシュベルトを合わせれば、足長効果がグンとアップ! ストライプ柄をチョイスすれば、着やせ効果も抜群です。
女性らしいデコルテを上品に肌見せしたフレアースリーブシャツも、今年らしいデザイン♪

トレンドアイテムを上手に組み合わせて洗練された印象に仕上げた、春のモノトーンスタイルです。

鮮やかなスカイブルーで爽やかに。“スカーチョ”のきれいめコンサバスタイル♪

スカイブルーのスカーチョにホワイトのTブラウスを合わせた、きれいめスタイル。

“スカーチョ”とは、スカートとガウチョを合わせた言葉で、スカート見えするガウチョパンツのこと。
膝下丈の上品なスカートのように着こなせて、より動きやすいのが嬉しいアイテムです。

鮮やかなスカイブルーで爽やかさがアップ! 甘くなりすぎないので、アラフォー世代にもおすすめです。
決めすぎないTブラウスでカジュアルさをプラスしているのも◎。

花柄バッグで春らしさを演出しつつシックなカラーのパンプスで落ち着いた印象に仕上げた、コンサバスタイルです。

ゆったりパンツの中でも不動の人気! “ワイドパンツ”のモードな甘辛MIXスタイル♪

ブラウンのワイドパンツにグレーのペザントブラウスを合わせた、モードスタイル。

“ワイドパンツ”は、その名の通り幅の広いパンツのこと。
足の形や太さにコンプレックスのある方も、すっぽりと隠すことができるのが嬉しいですね。シンプルでコーディネートもしやすいので、ゆったりパンツの中でも特に人気があるアイテムです。

ドロップショルダーにふんわりとした袖が特徴のペザントブラウスも、今季のトレンド。あえてゆったりとしたアイテム同士を合わせてウエストマークで引きしめるのが、今年らしい着こなしです。

足元のスニーカーやベルトでボーイライクにアレンジしつつ、ベレー帽やアクセサリーで女性らしさもプラスした、甘辛MIXコーディネートです。

花柄“スカンツ”で春らしくリラックス感をプラス。大人カジュアルなナチュラルスタイル♪

花柄のスカンツにホワイトのニットを合わせた、リラックススタイル。

“スカンツ”とは、スカートとパンツを合わせた言葉で、ロングスカートのように見えるパンツのこと。
揺れ感が女性らしく、リラックスしたムードもあるので、カジュアルにも着こなせるのがポイント。ママ層に特に人気のあるアイテムです。

ブラックベースでも花柄をチョイスすれば、一気に春らしさがアップ!
足元はホワイトのスニーカーで、抜け感が爽やかにプラスされています。

トートバッグとニットでナチュラルに仕上げた、大人カジュアルスタイルです。

最新アイテムは“パラッツォパンツ”! エレガントさが加わった、きれいめカジュアルスタイル♪

デニムのスリット入りパラッツォパンツにホワイトのニットを合わせた、シンプルスタイル。

“パラッツォパンツ”のパラッツォとは、イタリア語で王宮や宮殿の意味。そこで着るような、全体にたっぷりとした広がりのあるスカートのようなパンツのことです。
スカンツよりもボリューム感のあるデザインで、よりエレガントさを演出できるのがポイント。
トレンドのスリット入りなら、ホワイトニット×デニムの定番コーディネートを、さらに今年らしく仕上げてくれますよ。

フリンジトートバッグもアクセントになった、きれいめカジュアルスタイルです。

The following two tabs change content below.
AKINA

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。