春夏の通勤・オフィスコーデをアップデート! きれいめボタニカルファッション♡

最終更新日: 2017/05/11 by watabe

今年も春夏のトレンドであるボタニカル柄。花だけではなく草木や葉など植物をモチーフにした柄なので、花柄よりナチュラルさがあるのが特徴。また、リゾートっぽいイメージがあるので休日ファッションには取り入れても、通勤やオフィスでは敬遠しがちになる人も多いのではないでしょうか。甘さだけではない大人っぽさがあるボタニカル柄をきれいめに着こなせば、落ち着いたオフィスカジュアルコーデに!

トップスには細かなボタニカル柄で上品に。きれいめアイテムと合わせて大人の着こなしを

白を基調にした爽やかなボタニカル柄の半袖トップス。顔に近いトップスの場合、スナップのように細かな柄のほうが上品な印象になります。テーパードパンツとパンプスを合わせてきれいめな着こなしを。羽織りのカーディガンは透け感のある素材だと、ボタニカル柄の爽やかな印象を損ねることなく自然に馴染みます。

インパクトのあるボタニカル柄にはカラーを合わせて統一感を

鮮やかなカラーを使ったボタニカル柄のスカートは、コーディネートの印象がパッと明るくなります。トップスには柄と同じカラーのものを持ってくると、統一感が出て洗練された大人のスタイルに。上半身をコンパクトにまとめるとすっきり着こなせます。

クラシカルで大人っぽい。ボタニカル柄をモノトーンで取り入れる

モノトーンのボタニカル柄は大人っぽく落ち着いた印象。派手になりすぎないので色物はちょっと苦手……という人にはピッタリです。スナップのようにトーンを抑えた小物をチョイスしてシックに、逆に1点カラーを使ってアクセントにしたりと印象を変えてみてもいいですね。

フリルもいける! シンプルなボタニカル柄なら甘めトップスを合わせてもOK

ネイビーベースにホワイトとのツーカラーが爽やかな印象のボタニカル柄のワイドパンツです。甘さを抑えたこんな色柄のパンツには、フリルのトップスを合わせて大人フェミニンに仕上げるのも◎。その際はスニーカーやフラットシューズでカジュアルダウンさせるとバランスがとれます。

The following two tabs change content below.
jeaNa

jeaNa

アパレルショップで販売職を経験。現在はファッション関係を中心に執筆活動中。デニムパンツと海外ドラマを観ることが大好き。