この夏は脱・無難コーデ! ビビッドカラーの大人配色コーディネート9選♪

最終更新日: 2017/06/23 by watabe

2017年夏のトレンドは、華やかなビビッドカラー。 お目立ちカラーはバッグやシューズなどの差し色使いにしたくなるものですが、今シーズンはカラーアイテムの着こなしにチャレンジしてみませんか?

高難易度のコーディネートですが、上手に着こなせれば一気に感度の高い着こなしに仕上がります!

チャレンジしたい! ビタミンカラーのコーディネート

間違えると悪目立ちしそうなカラー×カラーのコーディネート。つい無難な着こなしに落ち着いてしまいますが、原色アイテムがトレンドの今シーズンはチャレンジしてみるチャンスです♪

カラー×カラーのコーディネートは、配色と分量感がポイント。デザインまで凝ってしまうとコーデがうるさくなってしまうので、シンプルなアイテムを組み合わせましょう。

スナップは、イエローのノースリーブ×グリーンのスカートのコーディネート。フレッシュなビタミンカラーは着ているだけで元気になれそうですね!

イエロー×ブラックのコーデにはナチュラル小物を挟んで

原色イエロー×ブラックのコーディネートは色対比がとても強く、インパクトがある配色。コルクソールのサンダルやストロー素材やカゴバッグなどのナチュラル系小物を足すことで、印象を中和できます。

黒や白、ベージュ以外のカラーは控えて、イエローをしっかり引き立たせましょう。

ビビッドなオレンジはブラウンを合わせて

朱赤に近いビビッドなオレンジもお目立ちカラーのひとつ。ブラウン系カラーを合わせることで、シックな印象のスタイリングに。

フューシャピンクを華やかに引き立てるブラック&ネイビー

濃くて青みの強いフューシャピンクは、ピンクの中でも一番インパクトが強いカラー。ビビッドな色とは相性がよくないので、ブラックやネイビーを合わせるのがおすすめです。

落ち着いたイメージのブラックやネイビーが華やかなピンク色をしっかり引き立ててくれます♥

はずした感じがおしゃれ。トーンを落としたパープル×オレンジのカジュアルコーデ

パープル×オレンジは一般的にはあまり合わないカラーですが、ジーンズに白のシューズというシンプルコーデに合わせることで、はずした感じのコーディネートが楽しめます。

あまり相性がよくない配色を合わせる場合は原色ではなく、トーンを落としたカラーを合わせるのがおすすめ。高難易度ですが、手持ちアイテムの着こなしにマンネリを感じたときにも使える着こなしです。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。