メガネコーデが難しい……そんな悩みにお答えします! 3つの失敗回避対策♪

最終更新日: 2017/07/15 by watabe

ジーパンにスニーカー、Tシャツと言ったボーイッシュなスタイルのときはメガネコーデが上手くいきやすいですよね♪ しかし、それ以外のテイストでは何だかメガネが浮いていると感じたことはありませんか?
今回は「メガネコーデの失敗回避対策」をご紹介します。

コーデのスタイルを「マニッシュ」にする

合わせやすいボーイッシュでカジュアルな着こなしではなくても、「マニッシュ」なテイストにコーデを仕上げれば、メガネが馴染みやすくなる場合があります。
マニッシュなテイストのコーデとして近年分類されるのは、男性的なアイテムを取り入れた”大人っぽく女性らしい雰囲気”のあるコーデ。ボーイッシュとなると少年っぽい雰囲気なので、また少し違いますね。
マニッシュさを盛り上げるアイテムとして、テーラードスーツやハンチング帽、ローファーなどが人気です。モデルさんのようなストライプ柄も、着こなしをクールに仕上げてくれます。スカートスタイルでも、マニッシュな雰囲気ならメガネが馴染みますね♪

メガネの「素材」「形」「色」を替える

着こなしの雰囲気に合わせて、メガネのテイストを変化させるテクニックもあります。
例えば上品にしたいなら、細いメタリックなフレームをチョイス。カジュアル感を抑えたいコーデに活躍します。
モデルさんはやや細めのフレームで、トップスのしなやかなラインを引き立て女性らしさを演出。マニッシュコーデに仕上げています。ハンサムなアイテムと女っぽいアイテムのバランスが抜群な着こなしですね♪ このように自分らしいテイストを作るとき、甘辛の差し引きにメガネも変化させてみましょう。

まずは「メガネのテイスト」に合わせよう♪

失敗コーデを回避するテクニックをご紹介しましたが、やはりあか抜けるには慣れが必要なメガネコーデ。慣れないうちは、なるべくメガネのテイストにあった服を着るのがおすすめです。
モデルさんがかっこよく着こなすような「フェミニン」に「丸いサングラス」など”あえての外しテクニック”は上級者向き。このような着こなしにトライするまで、自在にメガネを着回せるぐらいの慣れが必要かもしれません。
ヘアアクセサリーやメイクを洋服のテイストに合わせて変化させるように、メガネも自由に楽しめたらコーデの幅が広がること間違いなしです。おしゃれが好きなら、今日からメガネの着こなしを探求してみてはいかがでしょうか♪

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。