海&川へ行く人必見! 「水着になる予定はない」ときの服装選びのポイント

最終更新日: 2017/07/26 by watabe

海や川の近くに行くけど、水着を着る予定はないし、そういう話も出ていない……。でも足くらいは水に浸かるかも? そんなときはちょっと服装に迷ってしまいますよね。

水着なしで水辺に行くとき、4つのポイントを押さえておくと安心です。

濡れても安心な靴を選ぶ♡

水辺に行くとき、お気に入りの靴が濡れるのは避けたいところ。水に濡れても安心のタイプを選びましょう。定番のビーチサンダルはもちろん、きれいめな服装が好きな方はパンプスタイプのレインシューズもおすすめです。かさばらないのでバッグに入れて持っていくのも良いですね♪

水に濡れても安心な柄物を着る

水に濡れたとき、ホワイトなどの薄い色の服を着ていると透けてしまう恐れが……。そこで透けない柄物が安心。上下ともに濃い色の服で行くのがベターです。

夏小物で季節感をON

自分は水着を持ってきてないけど、周りには水着の子が……。そうなると季節感で劣ってしまうのも事実です。
そこでサングラスやビニールバッグなど、キャッチーな夏小物に頼りましょう♡

普段よりも露出多めでいく!

ビーチや川辺には、露出が多い子も多いはず♡ せっかくの夏なので、普段よりも肌見せをしてみるのもありです。
下品に見えない、あくまでヘルシーな肌見せが大人の露出の鉄則です!

水に濡れたせいでせっかくのおしゃれが台無し……なんてことにならないよう、海や川でも安心の服装を心がけましょう♡

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。