今から押さえておきたい! トレンドカラー“ネイビー”を取り入れた、女性らしさ漂うパンツルック5選♪

最終更新日: 2017/08/29 by watabe

季節の変わり目に押さえておきたいのが、次のシーズンのトレンドカラー! いち早く取り入れることで、先取り感でおしゃれ度をアップしてくれる強い味方です。まだ夏の暑さが残る今からでも、カラーならコーディネートに取り入れやすいのも嬉しいですね♪

そんな2017年秋冬注目のトレンドカラーは“ネイビー”!
ネイビーは、“クラシカル・レトロ・マニッシュ”といった今季トレンドのテイストにベストマッチ。いつもはブラックで引き締めるところをネイビーに変えるだけで、グッと今年らしいスタイルに仕上がるんです。
ややカジュアルな雰囲気を残しつつ、上質な女性らしさを表現してくれるので、パンツルックに取り入れるのもおすすめ。

そこで今回は、“この秋のトレンドカラー“ネイビー”を取り入れた、女性らしいパンツルック”を、5つご紹介します。

ネイビーのインナーで優しく引き締めて。クラシカルな上品エスニックスタイル♪

ネイビーのスキッパーシャツにダメージ入りのスキニーデニムを合わせて、エスニック柄のガウンを羽織った、クラシカルスタイル。

ブラックのインナーではモードになってしまうところを、ネイビーで優しい印象にシフト。着やせ効果抜群のスキッパーに、ロング丈の羽織りが効果を後押ししてくれます。
アクセントの強いエスニックなガウンですが、カジュアルなダメージデニムで程よくコーデをタウンユースにシフト!
秋らしさを感じさせるフェルトハットはグレーをチョイスして、ガウンやフリンジクラッチバッグとリンク。

ダメージデニムとエスニック柄という異なるテイストのアイテムを、ニュートラルなグレーとネイビーのアクセントでバランス良くまとめたコーディネートです。

ネイビー×ベージュが好相性! マニッシュなレトロカジュアルスタイル♪

ネイビーのハイネックTシャツにベージュのテーパードパンツを合わせた、マニッシュスタイル。

切り替えなしのフレンチスリーブとハイネックがややモードな印象のTシャツは、ネイビーをチョイスしてカジュアルダウン。ベージュのパンツとも好相性です。
ベレー帽でレトロムードをオン! 季節感のある素材が良いアクセントになっていますね。
バンダナ柄のバッグもネイビーで、柄物も統一感のあるスタイリングに。
足元はかかとのないバブーシュで、抜け感を演出。マニッシュテイストともベストマッチ。

ホワイトでは夏らしくなってしまうところを、ネイビーと小物で秋らしく仕上げたコーディネートです。

ネイビーのワイドパンツで上品に。シックなきれいめカジュアルスタイル♪

ネイビーのワイドパンツにキャメルのニットを合わせてデニムジャケットを羽織った、きれいめカジュアルスタイル。

ネイビー×キャメルのシックなカラーコーデは、秋らしさを感じさせてくれる上に、ハイセンスに魅せることのできる絶妙な組み合わせ。ロングボトムでネイビーの分量を増やして上品なムードがアップしていますが、色落ち感のあるデニムジャケットでカジュアルダウン。
バッグとパンプスはブラックでフォーマルに引き締めて、くだけすぎないルックスで大人っぽく仕上げていますね。

カラーコーデをバランスよくまとめた、テクニックの光るスタイルです。

ネイビーのシャツワンピースを羽織りとして活用! メンズライクなトラッドスタイル♪

ネイビーのシャツワンピースを羽織りに使い、ホワイトTシャツとブラックのスキニーパンツを合わせた、メンズライクスタイル。

レトロなムードのあるシャツワンピースを、前を開けて羽織りにすれば着まわしの幅がグンとアップ! シンプルなコーディネートを、さらにおしゃれに格上げできます。
トラッドムードはエナメルのローファーや黒縁メガネの小物使いで演出。そこに大ぶりなイヤリングで女性らしさをプラスしています。
ブラウンのベロアバッグで秋らしさを盛り上げているのも、見逃せないポイント。

シンプルな中に小技を効かせたスタイリングです。

きれいめブラウスを着崩してこなれ感アップ! フェミニンカジュアルスタイル♪

ネイビーのバルーンスリーブブラウスにデニムのワイドパンツを合わせた、フェミカジスタイル。

この夏大ブームになったボリュームスリーブは、まだまだトレンドが継続。これからの季節は、ネイビーで秋らしいシックなムードに着こなしましょう。ラフにウエストINしてこなれ感を演出すれば、おしゃれ度もアップ!
上品なパンプスやレディ感のあるチェーンバッグも、ネイビーで統一。そこをゆったりとしたデニムパンツでカジュアルに着崩しているのが、好バランスです。

トーンの違うネイビーでグラデーションをつくり立体感を演出した、ワントーンスタイルです。

The following two tabs change content below.
AKINA

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。