観劇には何を着る? 舞台を楽しむなら”きちんと感”と”楽ちんさ”がポイント!

最終更新日: 2017/10/20 by watabe

大人の趣味のひとつに「観劇」があります。筆者も10年以上の舞台ファン。非日常的な空間である劇場を訪れる人たちは、トレンドに流されず思い思いのおしゃれを楽しんでいます。今回は初心者さんのために、きちんと感があるのに快適に過ごせる「観劇コーデ」をご紹介します。

楽な姿勢で長時間座れるフレアスカート

観劇、というと上品なコーデにしなくては! と身構えてしまう人もいるかもしれませんね。大人の空間である劇場は、もちろんきちんと感のある着こなしはマストです。でも、最も重要なのが「長時間座っていても楽かどうか」ということ。フレアスカートなら、足元を締め付けることもなく楽ちん。なのにエレガントに見える優れものです。ちょっぴり個性的なおしゃれを楽しむなら、パンプス+ソックスでこなれ感を演出しましょう。

ラップスカートで大人感アップ

大人感を演出するなら、ラップスカートもおすすめ! 巻き付けるように着こなすラップスカートは、ハリのある生地を選べばモデルさんのようにエレガントなラインが楽しめます。

非日常空間をもっと楽しむならヒロインコーデも

普段の生活とは異なる空間である劇場では、いつもとは違う個性的なコーデを楽しむのもあり。舞台のヒロインをオマージュした着こなしで気分を盛り上げると、より観劇のひとときが楽しくなりますよ。

ワイドパンツなら上品コーデが決まる!

長時間座っても楽なワイドパンツとリボンブラウスでつくる大人カジュアルコーデ。抜け感のあるノーカラーで洗練されたコーデに仕上げています。全体はゆったりとしたシルエットですが、結ばれたウエストリボンが目線を集めスタイルアップにも一役買っています。

デニムを取り入れるならワイドパンツで

どうしてもデニムを着たい! という方はワイドパンツを選んで。フレアラインがデニムを上品に見せてくれます。さらにデコルテラインが美しいブラウスを合わせてフェミニンに仕上げれば、きちんと感のある大人のカジュアルコーデが完成します。劇場は空調の関係で寒く感じることもあるため、羽織りものを1着持っておくと安心ですよ。

The following two tabs change content below.
naomi

naomi

38歳1児のママ、naomiです。アパレルメーカーに約6年間勤務し、コーディネーターとして販売促進業務に携わっていました。ファッションに関する知識の中でも、ディスプレイ術、カラーコーディネート術を得意としています。 現在は、ファッション・インテリア記事を中心にライターとして活動中。これまでの数々の経験から「ファッションは心までも変えてくれる魔法を持っている」と感じます。日々のファッションを楽しむ方はもちろん、「自分を変えたい」「こんな自分になりたい」と変化のきっかけを探している方にも役立つ記事を目指しています。 記事を通して、皆様にもファッションの魔法をお届けできれば嬉しいです。 naomi公式サイト:http://naomi-spring.com/