寒いのはガマンできない! 冬コーデが着太りしないためのポイント

防寒はしたい、でもニットを着たり、重ね着をするとどうしてもモコモコしてしまう。トレンドはボリュームのあるボトムだし……。今年はいつも以上に着太り問題に向き合わなければいけません。

「太って見せるのだけは避けたい!」対策を考えておきましょう。

アウターは肩落ちするタイプを選ぶ

アウターを選ぶときは、体を華奢に見せてくれる肩落ちタイプを選びましょう。腕まわりがピチピチだと太って見えてしまうので、ゆるめにデザインされているものがおすすめです。
着まわし力の高いベーシックカラー、長めの丈のものが重宝します。

細身のコートにはタイトスカートが好バランス

細身のコートは、どんなコーデと合わせてもスリムに仕上がるイメージがあるかもしれません。しかし、少しでもモコモコしてしまうと太って見えてしまう危険性が。特にフレアスカートなど、ボリュームのあるボトムを着るときは注意が必要です。
好相性なのは、スッキリとしたタイトスカート。自然にIラインが強調できるので痩せ見えが期待できます。

上半身はVネックでスッキリ見せる

上半身の大きさにコンプレックスがある人は、首のつまったトップスよりは、Vネックを選んだ方がベター。鎖骨を見せて華奢見えを狙いましょう。Vラインで、縦のラインも強調できます。

ビスチェワンピでくびれを強調

今季人気のビスチェワンピースは、キュッとしたくびれを強調できます。モコモコしたニットと重ねても、着膨れして見えないのも魅力。インナーによっては春まで着られるので、今からチェックしても遅くありません。

せっかくのおしゃれも太って見えたら台無しです。全体のバランスチェックを忘れずに……♪

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。