スマホ、まつエク、カラコン……。目を酷使しているからこそ“アイクリーム”を愛用しなければならない3つの理由

最終更新日: 2018/03/07 by watabe

現代を生きる私たちは、思っている以上に「目」を酷使しています。

スマホを常にいじっている、まつげエクステ(もしくはつけまつげ)愛用、カラコン必須、アイメイク命……! どれかひとつでも当てはまったあなたに質問します。

あなたは、アイクリームを使っていますか?

アイクリームを使わなければいけない3つの理由

美容のため、クレンジング・洗顔もしっかりしているし、スキンケアも入念にしている……けど、アイクリームは使っていない。そういう方は少なくありません。

もしアイクリームを使っていないんだとしたら、気が付くと目の周りがシワシワ……なんてことになりかねません。

今すぐいつものケアにアイクリームを追加してください。アイクリームを使わなければいけない理由をお伝えしていきます。

 

1.目の周りの皮膚は薄い=目元から老けていく

「あれ、この人なんか老けたかも?」そう感じるときは、顔のたるみ、そしてシワが理由になることが多いものです。

目の周りの皮膚は薄く、頬の3分の1ほどしかないと言われています。つまり他の部分よりもデリケートだということ。ちょっとの乾燥が小ジワに繋がってしまいます。

潤い、ハリを意識したケアをしなければなりません。

 

2.スマホやパソコンで目を酷使しているから

自覚はないかもしれませんが、目の疲れは日々の生活の中で着実に蓄積しています。
私たちはスマホやパソコンと向き合う時間がかなり多いですよね。その間の目の疲れを考えたことがあるでしょうか?

疲れはダメージになり、ダメージは老けに繋がります。目元はしっかりと労わらなければいけません。

また、目を酷使する現代人はまばたきの回数が減少していると言われています。まばたきが少ないということは、それだけ目の周りが凝り固まっているということ。血流が悪くなり、クマ・たるみの原因にもつながります。

 

3.進化したアイメイクによる負担

まつエク、つけまつげ、カラコン、これらが目の負担になることは言わずもがなですが、盛り盛りのアイメイクにも注意が必要です。

目を強調させるためにアイメイクは欠かせないものですが、それを落とすクレンジングも目の負担になります。

かと言って、メイクの手抜きはできない……だからこそ、アイクリームでしっかりとケアをしなければいけないんです。

アイクリームを使い始めるのは早ければ早いほど良いです。塗った瞬間変わるスキンケアではない上、肌に劇的な変化があるものでもありません。でも数年後の目元は確実に違ってきます。

 

美容は日ごろの積み重ね。アイクリームでしっかり目元ケアをしていきましょうね。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。