「ワンポイントに絞った色」でコーデは変わる! カラーコーデの作り方

最終更新日: 2018/04/21 by watabe

春だから何かカラーアイテムを取り入れたい! そう思っても、いざカラーアイテムを探してみると意外と欲しいものが見つからなかったり、気になっても結局やめてしまったりする。あまりカラーアイテムを着ない人にとって、カラー物のトップスやボトムスはハードルが高くなかなか手が伸びないものです。

そこでおすすめなのが、色をワンポイントに絞ること。ほんのちょっとの「色」がコーデに効くんです♡

カーキにはイエローの差し色で華やかに

オールシーズン使えるカーキですが、春にはちょっと華やかさもプラスしたくなりますよね。そこでカーキと相性の良いイエローをON。靴でイエローを差せば、グッとコーデが春らしい雰囲気に。

定番の差し色、赤はロゴで差す!

ボーイズライクなカモフラージュ柄は、コーデのどこかに女らしさをプラスするのがおすすめ。パンプスやバッグで色を加えるのは定番ですが、ここではロゴで赤をトッピング。気負わず、ナチュラルに赤を取り入れられます。

ピンクバッグを主役にする! モノトーンコーデ

春にあえてのモノトーンコーデ。大人っぽく、なおかつスタイリッシュな印象は、カラーバッグを持つと季節感のある雰囲気に変わります。
目を引くビビッドピンクも、モノトーンコーデになら取り入れやすいはず……♪

新鮮なブルーは、まずはバッグから始めてみる

パキッと鮮やかなブルーは、服で取り入れるにはちょっと難易度の高いカラー。まずは小物で取り入れると失敗しません。黒のワントーンコーデに、目を引くブルーをON。暗カラーのコーデも鮮やかに変わります。

ポイントになる色があるだけでコーデの印象は変わります。
シンプルなコーデが多い人ほど、「色」に頼りましょう……♡

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。