下ろしても可愛い。ナチュラルヘアスタイルをおしゃれに仕上げる4つのポイント

最終更新日: 2018/07/02 by watabe

「ヘアアレンジをしないとなんとなく手抜きな気がする……。」そんな方もいるかもしれませんが、下ろしていてもおしゃれな人はたくさんいるもの。

ナチュラルヘアスタイルでも勝負できる、4つのポイントをお伝えします。

【ヘアセット】オイルを使ってウェッティ感を出す

ヘアアレンジなしでナチュラルに下ろすときは、全体を整えたあとにオイルでウエッティに仕上げるのがヘアセットのコツ。このひと手間でグッとあか抜けた印象になります。

高価なオイルを使う必要はなく、ベビーオイルなど手頃なものでOKです。ぽやぽやと毛が飛び出しやすい人は、柔らかいワックスを軽くなじませてからオイルを使うときれいにまとまります。

ペタッとなってしまうので、つけすぎは注意です! 毛先を中心に軽く馴染ませてください。

 

【ヘアケア】ベタベタ防止! シャンプーはちょっとキシむものが◎

キシキシするシャンプーは避けられることが多いですが、髪を下ろすならちょっとキシむくらいのものがちょうどよくまとまります。

洗い心地に不安があるなら、下ろそうと思っている前日だけキシむ系のシャンプーを使うのもアリ。ちょっとした工夫が仕上がりに差をつけます。

 

【日中ケア】ベタベタしてきたときのためのドライシャンプー

髪がベタつきやすい人や、夏の暑い日は、ベタベタしてきたときに備えてドライシャンプーを持ち歩くと安心です。ベタベタの元である皮脂を吸着して、ふわっとした髪を復活させられます。
香りがついているものを選べばニオイケアにもなるので、ポーチに入れておくと安心です。

 

【スペシャルケア】トリートメントは髪質に合ったものを厳選する

最も重要な、トリートメント&コンディショナー選び。いろんなものを試して、一番まとまりが良いものを見つけておきましょう。
髪が多くてクセが強い人には重いタイプのトリートメントが合います。逆に髪が少なくて直毛の人は、重いタイプはNGです。
トリートメントの際、粗めのブラシで馴染ませると髪全体に美容成分が行き渡るので、浸透力もさらに上昇!

 

「不安だからついアップにしちゃう」そんな方も、ちょっとした気遣いでナチュラルヘアがおしゃれになります。ラフなギャップを狙ってみて……♡

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。