秋の結婚式に二次会! お呼ばれコーデに合わせる「アウター」はどれにする?

過ごしやすい秋のお呼ばれコーデ、お気に入りのドレスはすぐに見つかっても、アウターに困ることはありませんか? 普段のカジュアルアウターだとチグハグだし、かといってアウターレスはさすがに寒い……。そんなとき、どんなアウターを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回はファッショニスタのお呼ばれコーデを参考に、フォーマルウェアに合う「アウター」を検証してみました。ドレスだけでなく、トータルで素敵なお呼ばれコーデを目指しましょう!

1. トレンチコート

お呼ばれコーデに合うアウターとしてまず浮かぶのが”トレンチコート”です。定番のベージュならどんなドレスとも相性抜群。ネイビーなどのダークカラーで大人っぽく、グレンチェックならお呼ばれコーデもトレンド感溢れる仕上がりに。

2. ノーカラーコート

トレンチよりもシンプルな”ノーカラーコート”。スッキリした着こなしでスタイリッシュなお呼ばれコーデに仕上がります。甘いお洋服が苦手だったり、モード派の方にもおすすめです。パンツルックにもすんなりなじみます。

3. カーディガン

アウターを羽織るほど寒くはないけれど、さすがに半袖やノースリーブのドレスでは厳しい……、そんな秋の微妙な時期にはカーディガンがお役立ち。ストール代わりにも使え、会場で手に持つのが煩わしいときはクロークに預けてしまえばOK。

4. ジャケット

きちんと感を重視したいときにはジャケットが使えます。ツヤっぽい素材だったり、大きすぎないサイズ感で、ドレスとのバランスを取るのがキーポイント。

同素材のジャケットがセットになったドレスも登場しているので、フォーマルウェアを着慣れていない方でも簡単にコーディネートできます。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。