甘すぎない大人の「ピンク」スタイル♥ ライダースジャケットでつくる甘辛コーデ4選

最終更新日: 2018/10/02 by watabe

スウィートで甘いピンクは、身に着けるだけで可愛くなれるトキめきカラー♥ 特にベイクドピンクなど、くすんだピンクは取り入れやすい色合いではあります。
しかしピンクはピンク! 甘すぎコーデにならないかと不安に思う人も多いようです。
そんなときにはピリッと引き締まるライダースジャケットをプラスしてみてはいががでしょうか? 甘くなりがちなピンクアイテムも、大人っぽく仕上げてくれます。

さっそくピンクアイテム×ライダースジャケットのおしゃれ甘辛スタイルをチェックしてみましょう♪

ワイドパンツとバッグのダブルピンクには、ライダースジャケットでスパイスを効かせて♥

センタープレスされた上品なピンクワイドパンツ×ホワイトブラウスのキレイめコーデに、ライダースジャケットをオン! さらりと肩掛けして、こなれ感も演出しています。

ピンク、ブラック、ホワイトの3色で作るカラーを抑えた着こなしは、センス良くおしゃれに見えるのが魅力。甘さと上品さの両方の要素を含んでいるので、カジュアルなオフィススタイルにもおすすめです。

辛口カジュアルにはピンクフレアスカートで甘さを添えて♥

ライダースジャケット×パーカーが少し辛口すぎると感じたら、フレアスカートで甘さをプラスしましょう♥ スウィートなピンクならハード感が減り、程よく大人可愛いコーデに仕上げてくれます。
パーカーのインナーに着たレースカットソーや、ハイカットスニーカーを清楚なホワイトカラーで揃えて、抜け感のある着こなしに。

ピンクロングスカートの甘さを大人っぽく仕立てるブラックアイテム♥

一枚で見ると甘いピンクロングスカートも、他のアイテムをブラックでまとめれば大人っぽく着こなせます♥ ファーつきハンドバッグやショートブーツで季節感を、さらにライダースジャケットを肩掛けして立体感を出しましょう。同じブラックアイテムでもコーデに表情が生まれ、おしゃれ度がぐっと高まります。

タイトなシルエットに華やぎを与えるピンクVネックニット♥

ピンクアイテムを顔の近くに持ってくるのは、ちょっぴり抵抗があるもの。しかしライダースジャケットを羽織ることでピンクの面積が減り、さらに辛さが加えられるため、大人の女性でも難なく着こなすことができます。毛足の長いファークラッチバッグをさりげなく持って、レディなモード感を楽しんで。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。