ワンパターンからの脱出! 小技の効く「ベルト」で手持ちアイテムを輝かせよう♪

最終更新日: 2018/11/05 by watabe

流行の形やスタイルはあれど、シーズン通して使える「ベルト」はオシャレさんに欠かせないもの。手持ち服をワンパターン化させないためにも役立つアイテムです。

ただウエストを固定するだけのものではなく、普段の着こなしを数倍オシャレに見せてくれる「魔法のベルト」にするにはどんな風に取り入れたらいいのでしょうか。スナップと共に、こなれたベルトの使い方をご紹介します!

通常の使い方でも、柄でひとクセ加えてみよう

シンプルなコーデのポイントとしてベルトでさりげなく柄を投入。レオパード柄のひとクセが効いて、いつも通りの使い方でもこなれ感が手に入ります。

ダボつきやすいオーバーシルエットはベルトでウエストをしっかりマーク

メリハリがつきにくいオーバーシルエットのシャツは、ウエストをしっかりマークしてダボつかない大人な着こなしへ。太幅のベルトを使うことで、ゆるっとサイズでもウエストがキュッと細く見えるのが嬉しい♡

ボリュームのあるニットも太めのベルトでメリハリを

そのまま着るばかりでつまらない……とワンパターンなカーディガンスタイルに飽きてしまった方はベルトをプラスしてみましょう。ニットのボリュームをベルトで引き締めた差が、バランスよくオシャレを引き立ててくれます!

シンプルベルトをアウターの上から手軽に取り入れて

全体的にシルエットがロングな日は、アウターの上からベルトをオン。ベルトでほんの少しだけ横のシルエットをプラスすれば、ただスラっとしただけのコーデにならず、オシャレな雰囲気を前面に出せます。

The following two tabs change content below.
sss0012

sss0012

ファッション専門校を卒業後、アパレルとシューズ販売員を経てファッション通販サイトの裏方として仕事をしていました。オシャレは世界共通で、”自分の個性を活かしていくもの”だと思っています。 #CBK magazineで毎日が楽しくなるような、皆さんのお手伝いができればと思っています!