おばさんコーデになりません! おしゃれ賢者は「デニムスカート」着こなし上手♪

最終更新日: 2019/01/09 by watabe

デニムスカートは「おばさんコーデになりやすい」と思っていませんか。おしゃれに着こなせば、やっぱり素敵なアイテムなんです!
そこで今回は「デニムスカート」をあか抜けて着こなした冬の大人コーデを集めました。今季にマネしたい着こなしのコツも解説します。

ブラックカラーで統一した中にデニムスカートを投入

無地のアイテムでありながら、柄物にも負けない表情が魅力の「ダメージデニム」。その味わいある色を主役に着こなせば、大人カジュアルとして品よくまとまります。

モデルさんはパンプスからトップスまでオールブラックで統一。デニムスカートのきれいなブルーをアクセントにしています。
きれいめコーデからストリートなカジュアルスタイルまで応用できるこのテクニック。自分らしい取り入れ方を探すのも楽しそうですね♪

アンクルストラップのパンプスが女っぷりをUP

カジュアルテイストの「デニムスカート」に、あえてレディなアイテムをメリハリコーデしたのがコチラ♪ モデルさんは、アンクルストラップのパンプスを足元にプラス。フォーマル感ある着こなしでは目立つことのないパンプスも、デニムスカートに合わせると女っぷりを上げる特別なアイテムになりますね!

スレンダーさん必見の便利アイテム「グレーのタイツ」

同じタイツの中でも、近年ナチュラル系おしゃれさんの間で注目されているのが「グレーカラー」。あか抜け難易度の高い「デニムスカート」とも、組み合わせるだけでワンランク上の空気感が醸し出されます。
さらに「グレータイツ」は、白にも黒にも、さらに茶系からカラフルな色にまでふんわり馴染む点も人気の秘密。とはいえ黒タイツよりも膨張色なので、華奢な脚ではない場合は着こなしセンスの必要なアイテムです。スレンダーさんなら迷わずチェックしたいですね♪

ダークカラーのロング丈デニムなら大人ムードたっぷり

コーデ術でスタイリッシュにするのも楽しいですが、忙しい女性はサッとキマる方が嬉しいですよね! デニムスカートのカジュアル感が控えめになるデザインを選べば、大人カジュアルでコーデしやすくなります。
モデルさんのような、ロング丈やダークカラーのデニムスカートなら、大人ムードたっぷりな着こなしを実現しやすくなります。

”大人可愛い”がバレエシューズならうまくいく

デニムスカートを使って、”大人にちょうどいい可愛らしさ”でコーデを仕上げたいときもありますよね。しかし、あか抜けも実現させるのは至難の業。
そんなときはトレンドを一つでも押さえてみましょう。今季なら「ミモレ丈やロング丈、またはミニ丈をチョイスする」「トップスにトレンドデザインを加える」「レオパードなどヒットしている柄物を取り入れる」など。そして”甘さ”を加えるのは「バレエシューズ」がおすすめ。さらに落ち着いた色なら、可愛らしさの中にも大人の落ち着きが表れます♪

足元で差がつくトレンド感のアクセント

モデルさんはストリートテイストにデニムスカートを取り入れたコーデ。全身のバランスを考えた、一歩抜きん出たセンスはもちろんですが、足元にもあか抜けの秘密が♪ トレンドのレギンスレイヤードにNIKE(ナイキ)のスニーカーと、流行のスパイスがデニムスカートのカジュアル感を旬顔へと引き上げます。

デニム素材の”デザインスカート”という選択

デニムスカート自体にトレンドキーワードを盛り込むという方法もあります。モデルさんはウエストリボンになったデザインスカートをチョイス。今季から春を意識するなら、「スリットの入ったタイトスカート」や「Aラインに広がったロングスカート」、「ボタンのアクセントになったデザイン」なども要チェックです!

ロックな気分は中途半端に隠さないスタイルが美しい

大胆なミニ丈のデニムスカートを辛口な気分で着こなしたモデルさん。ごちゃごちゃを着飾らないシンプルスタイルは、大人の洗練された美しさを引き出します!
「ロックテイスト」を大人の女性が着こなす時、中途半端なごまかしは”あか抜け感”を遠ざけるので要注意。大人の経験を生かして、洗練されたカッコよさがあればデニムスカートも素敵に着こなせますね♪

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。