きれいめもOKなのにキメすぎない。テイスト問わず着られる「キルティングコート」が使える!

最終更新日: 2018/12/17 by watabe

今年人気のマウンテンパーカーやボアブルゾン。「可愛いけれど、カジュアル感が少し気になる」という人は”キルティングコート”がおすすめです。人気のカジュアルアウターと比べてきれいめスタイルと合わせやすく、デイリーユースにぴったり!

ラフに見せないポイントは、カジュアル感が強くない「長め丈」を選ぶこと。ひざ丈以上の長さがイチオシです。光沢のあるデザインや、ノーカラーのものを選ぶと大人女性も着やすいきれいめ感が漂います。

早速コーディネートをご紹介します。気になった人は今すぐチェックして!

大人カジュアルにはヒールで女らしさを加えて

大人のデニムカジュアルスタイルには、ヒールパンプスを取り入れて女らしさをアップ。腕にボリュームのあるシルエットなら、今年トレンドのゆるニットやこれから出番の増える厚手ニットを着込んでも、余裕をもって着こなせます。

きれいめスタイルにもなじむ

オフィスでのきちんとスタイルやきれいめ派さんのコーディネートにもキルティングコートが好相性。社会人の方は通勤用に買っておくと重宝するはずです。きちんとシーンでの着用なら、ともすればミリタリー感の出るカーキよりもネイビーやブラックを選ぶのがベター。

アクティブシーンやママのスポーティースタイルに断然合う

日々子どもと一緒に動き回るママは、動きやすくて暖かいアウターが必須。ロングコートだと公園や外出先などでしゃがんだときに地面についてしまうし、きれいめのアウターだと汚れないか心配。そんなママにもキルティングコートがおすすめ。公園やちょっとそこまでのラフなコーディネートも、キルティングがきちんと見えをアシストします。

フェミニンなデートスタイルにも

フェミニンなデートスタイルにもキルティングコートが合うんです。全身キメているコーディネートよりも親しみやすい雰囲気が好感度アップにつながります。ノーカラーなら、この時季出番の増えるタートルやハイネックニットと好バランス。

今年はこんな色もおすすめです

キルティングコートというとブラックやカーキが定番カラーですが、今年はブラウンやベージュもおすすめ。やわらかい印象が特徴なので女性らしく仕上がります。今年は茶系トーンでコーディネートしてトレンドを楽しむのもGOOD。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡