ヒールなし靴が地味に見えない! 今っぽい”映え感”はボリュームトップスで加えましょ♪

最終更新日: 2019/02/14 by watabe

シンプルボトムの足元に、スニーカーやフラットパンプスといったヒールなし靴のコーデ。この組み合わせに「女っぽさが足りない」「なんだか地味」と感じたら、この春はボリュームトップスで華やかさをプラスするのが今っぽい!
今回はハンサム派、フェミニン派が取り入れやすいスタイリングをご紹介します。

ハンサム派/ 変形ストライプシャツでひと味違う大人のカジュアルに

カジュアルの定番“デニムパンツ×ホワイトスニーカー“に、モデルさんはボトムにインしても着流してもサマになるハンサム系のシャツをチョイス。カチッとした印象になりがちなストライプ柄は、ドロップショルダーやマルチストライプで女っぽい印象に導いて。王道の組み合わせがちょっと違う味付けに変わります♥

ハンサム派/ 鉄板のデニムシャツはゆるっとシルエットに更新

ハンサム派好みのメンズライクなデニムシャツとスキニーパンツを合わせた鉄板コーデも、シャツを体が泳ぐゆるっとしたデザインにすることで更新感がアップ。さらにインディゴブルーのおかげで着こなしが引き締まって見え、スタイリッシュな印象に。あえてウエストマークせずに、サラリと着るのも新鮮です。

フェミニン派/ ボリュームブラウス×辛口ボトムがマスト

フェミニン派におすすめのボリュームトップスはやっぱりブラウス♥ 清潔感たっぷりのホワイトブラウスが、太めチノパンのカジュアルバランスを調節しつつ、大人の可愛げを表現してくれます。

フェミニン派/ フェミニンとカジュアルを兼ね備えて

フェミニン派に人気の大胆なボリュームスリーブのギンガムチェック柄ブラウスは、ベージュのワイドパンツと合わせて甘辛MIXスタイルに♥ 重心が下がりがちなワイドパンツですが、ハイウエストで脚が長く見えるので、ヒールのないスニーカーでも自然とグッドバランスに仕上がります。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。