実用性重視なら失敗しない! 快適に楽しむ大人のお花見コーデ4選

最終更新日: 2019/03/22 by watabe

気温が高くなるとお花見シーズンの到来♪ 芝生やベンチに座り、お弁当やお団子を食べながら季節を満喫できる春の一大イベントですが、一方でアウトドア感が強く、「寒さ対策」「動きやすい」など実用性も考えてコーデしたいところ。
そこで今回はお花見を思う存分楽しめるよう、意識しておきたいポイントを4つご紹介します。

ボトムは座っても汚れが目立ちにくいかどうか

芝生に敷いたシートやベンチに座ることもあるお花見は、汚れにくいボトム選びが大切! デニムパンツなら汚れが目立ちにくいだけでなく、座りやすさや動きやすさも抜群です。
また脱ぎ履きしやすく、ヒールのように動きが制限されないフラットシューズは、砂利など整備されていない地面を歩くのにも最適の一足に。

両手の空くボディバッグで露店での買い物もラクチン

露店の豊富なお花見会場では食べ歩きも楽しみたいものですが、手に持ったバッグが邪魔で、支払いや受け取りの際まごついてしまうことも。
斜め掛け可能なボディバッグは両手が自由になるため、露店でのお買い物の快適性がグンとアップ! スキニーパンツ×スウェットのカジュアルコーデに合わせるだけで、相手からの視線が上がり、スタイルアップ効果も抜群です。旬のブルゾンをさっと羽織れば、寒さ対策も万全なヘルシーファッションが完成。

スカート派さんはめくれにくいタイトデニムスカートを味方に

お花見はスカートで楽しみたい♥ そんな人にはタイトシルエットでなおかつロング丈がおすすめ。春風が強い野外でも、安心して桜を満喫することができます。さらにネイビーカラーの濃いめのデニム素材なら、汚れ対策もOK。

ワンピース派さんにはデニムパンツのレイヤードが実用的

ワンピース派さんにはレイヤードスタイルがベスト! デニムパンツを下に穿いていれば、万が一風に煽られてスカートがめくれても、慌てることなく安心して過ごすことができます。スポーティなパーカーワンピースで、こなれカジュアルを演出して。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。