ワンピースだってイメチェン! マンネリ知らずのワンピースコーデ4選

最終更新日: 2019/04/22 by watabe

生地面積が多く印象に残りやすいワンピースは、どうしてもコーデがワンパターン化しがち……。そこで今回は、ワンピース+αで雰囲気をガラっと変えるおしゃれ技をご紹介。
「ワンピース×レギンスが古臭い雰囲気に……」「ワンピースを着ると寸胴に見える」など、ワンピースでよく聞くお悩みを解決しつつ、センスよく着こなしたお手本コーデを早速チェックしていきましょう。

ワンピースとパンツで、体のラインをカバーしつつスタイリッシュに

ワンピースとパンツのレイヤードは脚のシルエットや肌の露出を抑えつつ、トレンド感のあるコーデが叶います♥ モデルさんのようにブラックスキニーパンツと合わせるとスタイリッシュに、ワイドパンツと合わせれば大人のリラックス感たっぷりなスタイリングに。

定番のワンピースとレギンスは、スリット入り&同色で鮮度をアップ

まだまだ人気のレギンスも、ワンピースコーデをおしゃれに格上げする頼りになるアイテム♥ しかしレギンスはパンツと比べると脚のラインがわかりやすく、デザインによっては”おばさん見え”する危険が伴います。そこでスリットの入った今っぽいデザインを選ぶのがベスト! ワンピースのカラーと同色でまとめれば、ぐっとあか抜けた印象に。

シックワンピースと軽やかスカートで、よりフェミニンに

ワンピースの裾からスカートを覗かせることで、よりフェミニンな雰囲気を楽しめるレイヤードスタイル♥ シックなデザインのワンピースに、チュールやプリーツなどの透け感のある軽やかなスカートを合わせるのがスタイリングを成功させるコツです。

ワンピースとベルトでメリハリのあるスタイルを狙って

のっぺり平面的になりがちなワンピースは、ベルトでウエストマークするとメリハリが生まれ、スタイルアップ効果がアップ♥ コーデに馴染ませるならワンピースと同色や茶系カラー、ぐっと引き締めたいときはブラックのベルトがおすすめ。柄タイプの細ベルトをアクセントに効かせるのもイチ押しです。

ワンピースはインパクトが強い分、マンネリしやすいのが難点……。そんなときはボトムや小物を使って、いつもとは印象の違うワンピーススタイルにトライしてみてはいかがでしょうか♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。