着痩せするタンクトップ! 2019年の夏は「レイヤードスタイル」がトレンドです♪

2019年の夏が始まる前に、早めにキープしておきたい夏の服。今年は「タンクトップ」をチェックしてみてはいかがでしょうか♪ 一枚で着こなす夏トップスに飽きた方から、今季はレイヤードスタイルへ注目が集まってきています。
そこで今回は「着痩せするタンクトップ! 夏はレイヤードスタイルがトレンド」をご紹介します。真夏はもちろん、今日から試せるコーデを集めました。

ボトムはハイウエストがあか抜けへの重要ポイント

タンクトップなど「ノースリーブトップス」に、「軽い羽織りもの」をレイヤードさせた着こなしをマスターしておきたい今季。あか抜けコーデに仕上げるには、”ハイウエストなボトムスにタンクトップをイン”するのが重要ポイントです。羽織りものの前を開けるコーデのときは、このポイントを押さえると、グッと旬の着こなしに仕上がります。

デニムパンツにはバレエシューズが人気

春夏に活躍するデニムパンツですが、毎年のことで飽きてきている方も多いですよね。そんなときは靴を「バレエシューズ」へアップデートするのがおすすめ。タンクトップのレイヤードスタイルとも相性抜群です。

ロングスカートもハイウエストなシルエットを作りやすい

タンクトップをボトムインするとき、ハイウエストの位置でマークしやすいのが「ロングスカート」。身長や体形に大きく左右されずに、ハイウエストなシルエットを作ることができます。ハイウエストなパンツが似合わない骨格の方も、ロングスカートならトライしやすいですよ♪

大人カジュアルでもタンクトップ旋風の予感

モデルさんのようなリブ素材や、サマーニットなど「生地に存在感のあるタンクトップ」は大人の女性におすすめ。薄着になるタンクトップでありながら、高見せしやすくなります。
また肉厚なタンクトップなら”体のラインをざっくりと拾う”点も、美人コーデに欠かせない要素。首繰りの大きさや丈感が好みの一着に出会えたら、普段タンクトップを着ない方もトライしてみる価値ありです。

ちらりと覗かせてインナー使い

羽織りものの前を開けるコーデが主力ですが、ボタンを少し留めて、タンクトップをチラ見せしてもキュート♪ レイヤードするために、首回りにレースやビーズが施されたタンクトップも多く出ています。
恋するような可愛い一着に出会えそうな今季のタンクトップ。試してないデザインがあったら着こなし幅が広がりそう!

カジュアルテイストにはチェック柄シャツがマスト

タンクトップに合わせる薄手の羽織りものとして、カジュアルに仕上げやすいのが「チェック柄シャツ」。暑い時期に着こなせる夏生地も多く出ており、日焼け防止としてもひと役買ってくれますね! またチェック柄ならオールシーズン見かけるため、夏が終わるギリギリまで長い期間楽しめる一着に。

デニムジャケットをゆるりとシャツ使い

夏まで待たずに今からトライしたいテクニックがこちら。デニムジャケットをシャツのように着こなす方法です。ゆるっと襟を後ろへ落として、タンクトップのボーダーをアクセントに♪ マウンテンパーカーや薄手のジャケットでも応用できるテクニックです。

柄物が豊富な今季。好みの柄の出会いに期待!

花柄のワンピースを、レースのタンクトップにふわりと羽織ったモデルさん。今季は花柄をはじめとするトップスアイテムの”柄”に、自由な風が吹いています!
少し目新しい柄物や個性的なレトロ柄まで、自分好みの柄に出会いやすい今季。シャツやワンピースの出会いに期待が高まりますね!

ベージュ×ブラウンカラーでシックにまとめて

引き続き、ベージュやブラウンなどのシックな色でまとめた装いは人気♪  大人っぽいデニムパンツルックへと成功しやすいコーデテクニックです。

真夏は白いシャツを羽織って♪ 機能性もGOOD

真夏になると、重ね着が暑くなりそうなイメージがありますよね。薄手で吸湿性に優れた生地や、白など日差しの熱をこもらせないカラーをチョイスすると涼しく着こなせます。
また、腕や腰回りを隠しつつ、フロント部分のメリハリだけを見せられるタンクトップレイヤード。着痩せ効果も期待できる、嬉しいコーデテクニックです!

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。