雨の日の足元コーデは”HUNTER(ハンター)”のレインブーツにお任せ! 丈別着こなし術6選

最終更新日: 2019/05/13 by kaori

雨の日は、いつものパンプスやスニーカーだと足元がグズグズになってしまう……。梅雨時期は、毎日コーデに困ってしまう……。そんなお悩みを解消するなら、HUNTER(ハンター)のレインブーツがイチオシです。1856年に誕生した歴史あるレインブーツなので、一度買うと長く愛用できてコスパ◎なのも嬉しい!

今回は、そんなHUNTER(ハンター)レインブーツの丈別おしゃれコーデをご紹介します。丈によって印象や似合うアイテムが変わってくるので、ぜひ雨の日の足元コーデの参考にしてみてください。

HUNTER(ハンター)の”トールブーツ”はパンツと色を統一してスタイルアップ!

HUNTER(ハンター)といえば、ひざ下までの長いトールブーツを思い浮かべる方が多いはず。一般的なロングブーツと同じくらいの丈で、レインブーツの定番中の定番という感じですよね。

このトールブーツを大人っぽくおしゃれに使うコツは、”パンツと色を統一する”こと。こちらの2つのスナップは、どちらもブラックのレインブーツに黒スキニーを合わせて下半身にまとまり感を演出しています。つま先まで繋がりが生まれるので、脚長効果も絶大!

HUNTER(ハンター)の”チェルシーブーツ”はスカートとの相性No.1

HUNTER(ハンター)のチェルシーブーツは、くるぶしが隠れるくらいのショートブーツタイプ。短い丈感なので、程よく素肌見せできるスカートと相性抜群! 夏前の梅雨時期のコーディネートに軽さを演出できるので、とっても便利です。

もちろん、ロング丈のスカートと合わせてもOKです。丈の長いブーツに比べて足さばきが良いので、アクティブに活動できるのも嬉しいポイント。

HUNTER(ハンター)の”ショートブーツ”はどんなスタイルにも合う万能さが魅力

HUNTER(ハンター)のショートブーツと呼ばれるレインブーツは、ふくらはぎの中間丈で一般的なミドルブーツくらいの丈感。長すぎず、短すぎない程よい存在感なので、パンツ・スカートどちらにも合わせやすく万能に使えるアイテムです。

こちらのスナップのように、ボーダー×ライトブルーの爽やかな着こなしにプラスすれば、雨の日や梅雨時期も気分の落ち込みを防止してくれるはず!

HUNTER(ハンター)の”カラーレインブーツ”で周りと差のつくコーデに

HUNTER(ハンター)のレインブーツは、ブラック以外にもカラーバリエーションが豊富! 鮮やかカラーを投入するだけで、雨の日の憂鬱さを払拭してくれそうですよね。周りと被りにくいので、差のつく着こなしも叶います。

こちらのスナップでは、ブラックベースのモノトーンコーデにミリタリーレッドのレインブーツをON。着こなしのアクセントになって一気に華やぎます。

ロゴTシャツ×デニムのミニマルカジュアルも、カラーレインブーツを取り入れるとこんなにもおしゃれにブラッシュアップ!  シンプルな装いにプラスするのが、大人っぽくおしゃれに使いこなすコツです。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。