黒い塊見え注意! 大人のブラック・モノトーンコーデの正解は?

最終更新日: 2019/05/13 by kaori

「モノトーンコーデをスタイリッシュに着こなしたい」「汚れが目立ちにくいブラックアイテムを上手に取り入れたい」……。夏が近づくとブラックを意識したカッコいいコーデを楽しみたい人も多い様子。

そこで今回は、ブラックやモノトーンをバランスよく着こなしたお手本コーデを4つご紹介します。「地味」「黒い塊」「威圧」の3つを回避することを意識するのがポイントですよ。早速チェックしていきましょう♪

ロゴ入りTシャツでアクセントを

ブラックベースにホワイトのロゴがスタイリッシュなデザインTシャツは、モノトーンスタイルのおしゃれ見せ必須アイテム♥ ギャザーがたっぷり入ったロングスカートが動くたびにふんわりと揺れ、ブラック多めの配色でも仕上がりは軽やかです。

オフショルダーのプルオーバーでブラックコーデをクラスアップ

モノトーンやブラックオンリーのコーデには、体型に合わせて少しデザイン性のあるアイテムをセレクトするのもポイントです! デコルテが見えるオフショルダー、背中が開いたトップス、肘下が見えるドルマンスリーブなど……。肌が見える部分が増えたり、アイテム自体に動きがあったりすれば、地味になりがちなブラックコーデも難なく着こなせますよ。

メッシュTシャツ×異素材コーデで立体感を

ブラックコーデを上手に着こなす対策としてもう一つ! 異素材のアイテムを組み合わせて、スタイリングに立体感を出すのもおすすめです♥ 重たく威圧感のあるブラックワイドパンツも、メッシュTシャツの透け感ひとつで、夏らしく軽やかな仕上がりに。

リネン素材ならダークカラーも涼しげに

オールブラックなどダークカラーでまとめると、喪服のように見えてしまうという心配もありますよね。異素材の組み合わせでスタイリングに動きをつければ、安心して取り入れることが可能。さらにリネン素材ならダークな色合いでも涼しげで、シャツやカーディガンで取り入れれば夏の日焼け対策にも適役です♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。