2019年の夏は快適宣言! 少しでも涼しく過ごすための夏服選び&コーデ12選

暑さで汗ばみやすい夏のシーズン、少しでも快適に過ごすためにはどんなアイテムを選べばよいのでしょうか?
今回は「シルエット」「カラー」「素材」の3点にこだわった夏アイテムと、お手本12コーデをご紹介します。

ふんわりシルエットで風通しの良いスタイルに

夏はどのアイテムであれシルエット選びがとても大切! 汗で体がべたつきやすい今の時期は、ピタッっと体にまとわりつくシルエットのアイテムは避けるのがベター。裾や袖がふんわり広がった風通りの良いデザインをセレクトして、暑い夏を少しでも快適に過ごしましょう。

ホワイトや淡いカラーで熱中症対策もばっちり

夏に心地よく暮らすために選ぶべきカラーは何色でしょうか? 正解は「ホワイト」や「淡いカラー」です。
巷で見かける全身ブラックさんの場合、服はもちろん、日傘や帽子、アームカバーなど、身に着けるものはすべてブラックを選びお肌を守っている様子。確かに紫外線対策にブラックは効果的ですが、その分熱を吸収するため、実は暑さ対策には不向き。
従って涼しく快適に過ごすという目的ならば、ホワイトやベージュなどの淡いカラーを選ぶのがベストです。

肌に直接触れる服だからこそ、素材選びにこだわりを

シルエット、カラーと続き、最後は素材に注目! 通気性や吸水性、発散性や柔らかさなど、肌に直接触れる服だからこそ、素材にこだわって選ぶことが重要です。
まず夏にピッタリなのはリネン素材。麻を使用したリネン素材は、吸水性や速乾性に優れているため、たくさん汗をかいてもサラッと爽やかに過ごすことが可能。独特のシャリ感が涼しげなリネンで、大人のこなれ感を演出して。

リネンのシワ感が気になる人は、コットン素材もおすすめ

汗ばむ夏のシーズン、リネン(麻)と同じくらい人気なのがコットン(綿)素材♪ 柔らかく肌触りがいいコットンは、リネンに比べてシワになりにくいのも嬉しいポイント。さらに服の中の汗を吸い取って服の外側へ発散してくれる性能もあるんです。この夏はコットンを手放せなくなること間違いなし♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。