キャミソールとタンクトップ、どこが違う? 特徴と似合う着こなし方のカンタン講座14選♪

最終更新日: 2019/06/17 by watabe

キャミソールとタンクトップは手軽で便利な夏コーデの必須アイテム。何となく似たイメージがある2枚ですが、どう違うのでしょうか?

今回ご紹介するのは、キャミソールとタンクトップの違いとコーディネート。それぞれの特徴を生かした着こなし方もチェックしてみましょう♪

華奢な肩ひもが特徴のキャミソール

キャミソールは、肩紐のついたトップスのこと。元々は下着として使われていたこともあり、ぴったりフィット感のあるサイジングが特徴です。

下着はチューブトップやストラップレスブラを合わせて、ブラ紐が見えないようなインナー対策を。

 

キャミソールは単品での着こなしは少なく、重ね着コーデがベースに。Vネックなど胸元が開いたネックラインのインナーとして使うほか、カーディガンやガウンを羽織って着こなすのも◎。

華奢な肩紐がチラリと見えて、女性らしいスタイリングに仕上がります♪

肩紐がなく、ランニングのような形のタンクトップ

一方タンクトップは、ランニング型の女性用トップスのこと。キャミソールとの違いは肩紐がないことです。

 

ニットや布帛素材のタンクトップは、一枚できれいめに着こなせるアイテムも。今季は大人っぽいロングスカートに合わせるのがおすすめの着こなし方です。

 

シンプルなタンクトップは重ね着コーデでカジュアルに。レイヤードコーデがキャミソールよりスポーティな雰囲気に仕上がります♪

今シーズンはワンショルダーデザインのタンクトップも登場!

露出が多いワンショルダーのタンクトップは、ワイドパンツやスニーカー、ゆるめなアウターでカジュアルに着崩すのがおすすめです。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。