リゾート家族旅行までに用意したい♪ ママのテンションの上がる服4選

夏の家族旅行はどこへ行きますか? 日々忙しいママさんは、家族で出かけるリゾート旅行を楽しみに、仕事や家事にと頑張っている時期かもしれませんね。
そこで、そんなママさんにおすすめする「リゾート家族旅行までに用意したい、ママのテンションの上がる服4選」をご紹介します。旅行に着て行く服の全てを買い揃えれられたら、もちろんテンションが上がるもの。しかしそこまでしなくても、ちょっと買い足しするだけで「日常から離れたホリディ気分」がグッとUP♪
つい家族の用意ばかりになっているママも必見ですよ! お財布にも自分にも優しく、旅行の準備を楽しみましょう。

※記事中のモデルさんにはママさんでない方も含まれますが、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

色で! 形で! ひとクセあるトップスにトライ

ボトムスを新調するよりも、自在に雰囲気を作りやすいのが「トップス」。顔まわりに変化を生むことで、ホリディ気分がUP! いつもは着ない派手な色や大胆なデザインはいかがでしょうか♪
狙い目は、背中の肌見せが大人っぽい「バックシャン」のブラウス! 今年は最新トレンドというより、”おしゃれの定番テクニック”として定着しています。背中にインパクトのある素敵な一品が、意外とプチプラで見つかりやすい時期です。

パッと目を引く派手色も、日常から離れた気分を高めてくれます。今年の夏に新鮮な色は「イエロー系」。トレンドカラーではなくても、日ごろ気になっていて着る機会のなかった派手色にトライする良いチャンス! 旅行をきっかけに、デイリースタイルでも、気楽に着こなせるカラーが増えるかもしれません♪

欲しかったボタニカル柄はリゾート地にこそ似合う場所

植物の繊細な描写が美しい「ボタニカル柄」は数年前に大ヒットしましたが、実はトレンドに関係なく定番のラグジュアリーな柄。お気に入りの柄アイテムを、旬なコーデに仕上げて着こなしましょう。
普段着で取り入れる機会がなかった方も、リゾート地なら気兼ねなく柄物を楽しめます。欲しかったボタニカル柄アイテムを、クローゼットに加える良いタイミングです♪

柄物を顔まわりに持ってくるのは、着こなしが難しく感じるもの。「ボトムス」で取り入れれば、旅行から帰った後も着回しやすくなります。
パンツはハイセンスなおしゃれ感ある着こなしに。スカートなら上品な大人っぽさで簡単にコーデしやすく、柄物が久しぶりの方にもおすすめです。

品よく着るのがトレンドだから始めやすいショートパンツ

最近「ひざ」を出して生活していないな……というママさん。久しぶりに脚を出してみると、忘れてかけていた感性へ刺激がありますよ! せっかくのリゾート地は「ミニ丈のワンピースやスカート」をはじめ、アクティブに過ごせる「ショートパンツ」で大胆にファッションを楽しんで。
今季のショートパンツはメンズライクなデザインが流行っており、品よく着こなしたいママにちょうどいい落ち着きがあります。

あか抜けて着こなしたいなら、ボトムインしてウエストを高い位置でキープ。同じショートパンツを着こなしても、トップスを”ボトムにインする”か”しない”かで、大きく印象が変わってきます。脚は出せるけれど、ウエストラインは隠したいママさんは「ショート丈のサロペット」という手もあります♪

ふわっとリラックスムード高まるワンピース

締め付けのないリラックスムードあるワンピースは、旅行にぴったり。バカンスだけでなく、普段着のトレンドアイテムとしても今季たくさん登場しています。
モデルさんのように、かっちりしたバッグやサンダルをコーデすれば、きれいめカジュアルにも着回せます。シックな色も素敵ですが、派手な色のワンピースだと部屋着っぽさがなくなり、コーデがまとまりやすくなるメリットも。

トップス同様、バックシャンのワンピースも狙い目。おしゃれ感やセクシーな表情も加わり、普段と雰囲気が違う奥さまに家族もびっくりするかもしれませんね♪ こんな新鮮な感動は、家族旅行をより楽しく盛り上げてくれます。
背中の肌見せを控えめにしたいなら、インナーにキャミソールをレイヤード。肩紐のデザインを変えるだけで、ワンピースのマンネリ打破も期待できます。

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。