そのライトアウター、すっきり見えてる? もっさりコーデにならない2つの絶対条件

大人世代に支持されている「Iライン」♥ カーディガンやガウンなどのライトアウターをサッと羽織るだけで、ウエスト回りやお尻のシルエットをカバーしてくれる、頼りになるシルエットです。
お尻が隠れる程度の丈を選んでいる人も多いようですが、これがなかなかのくせもの。お尻が隠れるからと安心して着ているアウターが、実際はモサッとした印象を与えているかもしれません。ではどんなデザインを選べばよいのでしょうか?

ポイントは2つ。「ひざ下のロング丈」「濃いカラー」、この2点を意識するだけで、もっさりコーデを回避することができます。それではお手本コーデをチェックしていきましょう♪

「ひざ下のロング丈」なら間違いなくスタイルアップ

カーディガンなどのライトアウターは「ひざ下のロング丈」を選ぶのがベスト。お尻が隠れる程度の長さだと中途半端にボリュームが出やすく、全体的にもっさりしがち。あまり長いと重心が下がってしまうのでは?と不安に感じますが、ロング丈の方が縦のラインを強調でき、すらっと背が高く見える効果が狙えます。
モデルさんのように鎖骨が見えるコンパクトトップスで、抜け感と女性らしさの両方をアピールして。

ロングワンピース×ロングライトアウターは安定の組み合わせ

ロングワンピースに半端な丈の羽織を合わせると、どうしてもアンバランスになりがちですが、ひざ下のロング丈なら安定のバランス♥ モデルさんはボタニカル柄ワンピースにベージュのロングワンピースを羽織として投入。デザイン性の高いワンピースも、見える柄の面積を減らすことで派手さがセーブされ、大人世代も着こなしやすくなりますよ。

ネイビーアウターで引き締めつつも、仕上がりは軽やかに

ライトアウターで作るIラインシルエットを失敗しないためには、引き締めカラーを選ぶのが鉄則! ここでホワイトやライトグレーなど顔映りのいいカラーを選ぶと、妙にカジュアル感が強くなり、大人世代にはミスマッチなことも……。
おすすめはモデルさん着用のようなネイビーカラー。気になる太ももや二の腕をしっかりカバーしつつ、ブラックよりも仕上がりは軽やかです。

ブラックロングカーディガンは軽さを意識すれば夏だってスタメン入り

ブラックカーディガンが夏だって譲れない! そんな人は、とにかく軽さを出すことを意識して。
まず素材は薄くて軽いものを。トップスはボーダー柄でリズミカルに。ボトムをホワイトスキニーパンツでシャープにしたら、足元はカラーパンプスで華やかさをプラス。
「軽く、軽く……。」と思いながらコーデするだけで、暑苦しく感じる夏のブラックもスタイリッシュに着こなせるはず♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。