この秋のママ向けデニムパンツ! 美脚も今どき感も叶うデニムパンツの選び方

ママの日常スタイルに欠かせないデニムパンツ。動きやすさはもちろん、しゃがんでも背中が見えず窮屈感もないデザインを選びたいもの。それでいてスタイル良く見えるのは絶対に譲れないし、流行もおさえたい!

今回は、そんな理想のデニムパンツ選びに役立つ4つのポイントをご紹介します。

※記事中のモデルさんにはママさんでない方も含まれますが、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

デニムパンツは股上深めのハイウエストが鉄板

ウエスト位置が高いデザインは、トレンド感と腰高&脚長効果を手に入れるためには必須と言えそう! トップスをインしてもアウトしても、今どきのシルエットが楽しめますよ。

また、今季はスリット入りのデザインが人気です。しかし、しゃがんだり自転車に乗ったりとアクティブに動くママがスリット入りプルオーバーを取り入れた場合、ともするとスリットの間からインナーが見えてしまう危険も。その点、股上の深いハイウエストなら難なくクリアできます♪

デニムパンツはひざ回りにゆとりのあるものが旬

今季もスキニーシルエットは継続中。しかし最新デニムにアップデートするなら、身体に沿うようなシャープなものよりも、少しゆとりのある太さを選ぶのがおすすめです! 試着できるのであれば、軽く屈伸してみるのも手。しゃがんだときにひざのあたりに窮屈さを感じないのが、条件達成の目安ですよ。

デニムパンツのポケットは大きめ&位置高めが美尻見え

デニムパンツの後ろポケット、意識していますか? ポケットのサイズが大きめで、さらに位置が高めなら美脚見せが叶うデニムパンツです♥ また、ポケット同士が離れすぎているとヒップが横に広がって見える危険もあるため、なるべく近い配置のものを選ぶのがベスト。ヒップがキュッと上がり、後ろ姿だって美脚&美尻効果を狙えます。

デニムパンツの丈はくるぶしが少し見えるくらいが使いやすい

「ゆるズル」のロングスタイルが主流ではありますが、今っぽさ&美脚を叶えるならフルレングスよりも気持ち短めの丈が適任です! ヒールのある靴はもちろん、フラットなバレエシューズやスニーカーとも合わせやすさ抜群。ちらっと見える華奢なくるぶしは、デニムスタイルを女性らしく仕上げてくれるはずですよ♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。