秋冬のレイヤードは首元が鍵! 失敗のないバランスの取り方4選

最終更新日: 2019/11/05 by kaori

重ね着スタイルは、秋冬ならではの味わいのある着こなし方。その中でも首元アレンジが注目されている今、アウターにタートルネックやシャツを新バランスで重ねて楽しむおしゃれ上級者も。

今すぐ真似したいけれども、間違ったレイヤードにより顔が大きく見えたり着膨れしたりするようでは本末転倒です。好バランスな首元のアレンジスタイルを、早速チェックしていきましょう♪

きれいめなホワイトのハイネックからスタート

肌の露出を極力抑えることでメンズ感も添えられるタートルやハイネックは、清潔感のあるホワイトなら大人世代も取り入れやすい! レイヤードにより野暮ったくなりがちな秋冬コーデの抜け感作りにも、一枚あればとても重宝しますよ。

スナップのようにカジュアルなデニムジャケットにきちんと感をプラスし、ブラウンやベージュのワントーンスタイルの差し色代わりにも適役です。

シャツは崩さずにきちんと感を全面に

抜き襟スタイルが主流だったシャツも、今季はボタンを上まで留めて真面目に着こなしてみて! シャツとVネックニットを重ねたり、ときにはオーバーサイズシャツからタートルニットを覗かせたり。肌を覆ったままの強弱付けも難なくクリアできますよ。

スナップはホワイトシャツとデニムパンツに、ブラウンアウターのスタイル。個性派と知的な印象が両立しているのは、クリーンな見た目のシャツのなせる技ですね!

大人のフリルは辛口MIX

スウェットの首元や手元から覗かせていたフリルも、今季は正統派のジャケットやトップスへと相方チェンジ! 大人には甘めなディテールも小さな面積だから可愛くなりすぎず、程よい遊び心を満たしてくれますよ。

スナップはフリルネックのフェミニンなブラウスに、ブラックのカーディガンをON。ともするとほっこり見えるニットとレースのレイヤードも、カーディガンのハードなボタンが辛口な見た目へとアシストします。

ドット柄ハイネックならレトロな雰囲気が強まる

レイヤード前提のブラウンカラーの深いVネックベストには、薄手のハイネックブラウスをIN! 質感の異なるアイテムを重ねたことでブラウンカラーの持つカジュアル感や野暮ったさを払拭し、好バランスな着こなしに。ハイネック&小さめドット柄ならではのレトロ感をトッピングして、今年らしさを加速させましょう。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。