2019年秋冬の隠れトレンド! 「ニットベスト」の万能コーデテクニック6選

最終更新日: 2019/10/23 by watabe

最近おしゃれスナップで見かけることの多い「ニットベスト」。ニットのほっこり感と、スリーブレスのすっきり感の両方を叶えることができる欲張りアイテムは、2019年秋冬ファッションのダークホース的存在! でも、いざコーデしてみようとしても、どう着こなせばいいかわからない……なんて声もちらほら。

そこで「ニットベスト」の万能コーデテクニックを6パターンに分けてご紹介します。上からコートを羽織ってももたつかず真冬までがっつり着倒せるから、ぜひマスターしてみてくださいね。

【1】ニットベスト×ロングTシャツの重ね着が基本スタイル

まずはニットベストの基本コーデからマスターしていきましょう。

一番簡単におしゃれ見えするのは、「ニットベスト×ロングTシャツ」の組み合わせです。双方の色を同系色でまとめるとすんなりなじんで、初心者さんでも着こなしやすいバランスに仕上がります。ニットのふっくら感とロンTの素材感の違いでちゃんとメリハリも付くので奥行きたっぷり。

 

ニットベストとロンTの色差をつけると、よりメリハリがつき、Iラインを強調してスタイルアップ効果アリ。シンプルにデニムとコーデするだけで今どきな最旬バランスが作れます。袖部分がもたつかず、このままアウターを羽織って真冬まで着まわせるから、実はコスパも最強です。

【2】インナーをふんわり袖のブラウスに替えるとほんのり可愛さプラス

ニットベストのインナーをふんわり袖のブラウスにチェンジすると、ほんのり可愛さが加わってベストのモードな雰囲気を和らげてくれます。

パフ袖ブラウスの甘い印象をベストが抑えてくれる効果もあるので、とってもバランスの良いコーデが実現。こちらもかなり着こなしやすい組み合わせです。

【3】ニットベストに柄ブラウスを重ねて印象的なレイヤードに

インナーを柄ブラウスにすると、首元や袖にアクセントがついて印象的なレイヤードコーデに。とはいっても、ベストを重ねることで柄の見える部分が抑えられるので、派手な雰囲気にはなりません。

全体的にダークトーンでまとめるときは、柄ブラウスを使ってメリハリアップすると重さ解消につながります。

【4】シャツをレイヤードしてニットベストコーデにきちんと感を添えて

ニットベストにシャツを重ね着すると、スタイリングにほんのりきちんと感をプラスできます。こちらは深VネックのベストにスタンドカラーシャツをINして、グッドガールコーデに。

シャツのラウンドにカットされた裾をあえて見せる着こなしも、スタイリングに立体感が生まれて◎。淡色コーデにブラウンのベストが映えていますよね。

 

こちらはニットベスト&スカートのブラックコーデにチェック柄シャツを重ねて、キャッチーなアクセントをON。柄シャツの投入は一見難しそうに見えますが、首元、袖、裾から同じ柄が見えるので、意外と統一感のある着こなしに仕上がりますよ。

【5】ワンピース×ニットベストでメリハリを作って間延びを防止

ワンピースコーデにもニットベストは大活躍してくれます。こちらは、ブラックのストレートラインワンピースにニットベストを重ねて間延びを防止。バッグもベストと同じブラウンで揃えて、まとまり感をアップしています。

ワンパターンになりがちなワンピースですが、ニットベストがあれば着こなしの幅がグッと広がります。

 

フレアシルエットのワンピースにニットベストを重ねるのもおすすめです。引き締めカラーのベストを重ねれば、上半身がキュッと小さく見えてスタイルアップにもお役立ち。ワンピース1枚だとちょっと寂しいな……と感じるときは、迷わずニットベストをレイヤードしてみてください。

【6】ニットベストにベルトをONしてシルエット変化を楽しむ

最後は、ニットベストをより楽しむための小物合わせについてレクチャー。

基本のニットベスト×ロングTシャツコーデにベルトをプラスすると、ウエストにアクセントがついて細見えが叶います。シルエットを微調整することで、周りと差のつく着こなしが作れますよ。

 

こちらはベルトに加え、首元にスカーフもプラス。最旬小物をうまく組み合わせることで、ニットベストコーデがより今っぽくアップデートできます。小物を多数使うときは、洋服の色味を抑えるとバランスを取りやすいので試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。