「年末年始の帰省に何着よう?」 かしこまりすぎずに良妻&高見えできるファッションとは?

最終更新日: 2019/11/13 by kaori

年末年始の慌ただしい時期はもうすぐ。実家ではラフなスタイルでもいいけれど、旦那さまのご実家への帰省は何を着て行けばいいか迷いますよね。そんなときにおすすめしたい、帰省にぴったりなきれいめファションをご紹介します。

気負いすぎなくていい! UNIQLO(ユニクロ)のセットアップで上品に

品のいいベージュのセットアップなら、旦那さまの帰省先でも安心して過ごせますよね。こちらは、UNIQLO(ユニクロ)の「メリノブレンドリブ」シリーズ。それぞれ単品でも着られるので、お泊まりで着回すこともできてかなり重宝します。セットアップで着こなせばこんなに高見えするので、プチプラは賢く使うのが鍵!

かしこまりすぎるワンピースには、デニムを合わせてカジュアルダウン

ノーブルな印象を与えるブラックのリブワンピースに、デニムをレイヤードしたスタイル。デニムと合わせてカジュアルダウンさせた方が、ご両親も気負いせずに済みそうですよね。

チェーンショルダーやポインテッドトゥで華やかさをプラスすれば、カジュアルさと上品さが両立してとてもいいバランスに。

カジュアルなのにきれい&女っぽく見せるには小物使いが重要

ホワイトカットソーにスキニーデニムというシンプルコーデに、ボアジャケットを羽織っただけのスタイル。シンプルなのに、不思議ときれいめな印象を与えていますよね。

ポイントは、たくさん重ねたアクセサリーたち。ピアスやリング・時計をセットすることで、全体が高見えするんです。また、大きめのグレージュバッグもアクセントに。これなら簡単に真似できそうですよね。

ゆったりシルエット&ローゲージニットなら悩まず1枚で決まる!

1枚で決めるなら、ローゲージがポイントのゆったりしたニットがおすすめ。ゲージのゆるい編み目とリブのコンビネーションが、男女問わず好印象を与えます。

また、ボリュームのある袖や全体的にゆったりしたシルエットのトップスには、スリムなスキニーを合わせるのがマストと言えそう。帰省中は、脱ワイドパンツ・脱ルーズなスタイルを意識しましょう。

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。