2019年の冬も「リバーコート」が大活躍! おしゃれ見えするコツを徹底レクチャー

最終更新日: 2019/11/13 by watabe

昨年の冬に大人気だった「リバーコート」が、どうやら2019年の冬も大活躍してくれる予感……! 冬コーデはアウターの重要度が高いからこそ、人気のデザインを押さえておきたいですよね。

そこで「リバーコート」のデザインのおさらいから、おしゃれ見えするコーデのコツまで徹底レクチャーします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

リバーコートとは?

「リバーコート」とは、リバー仕立てを用いたコートのこと。2枚の布を表裏にして、1枚の布として縫製することで裏地のないコートが出来上がります。滑らかで柔らかい着心地が特徴です。

去年は暖冬だったので、このさらっと羽織れるリバーコートの人気が爆発! 今年もその人気が継続しそうです。ゆるっとサイズが主流なので、インナーにライトダウンなどを着込める上、真冬にもコーデ可能なのが嬉しいポイント。

リバーコートを使ったきれいめ冬コーデ

滑らかで厚みが出ないリバーコートは、きれいめコーデにもってこいなアイテムです。上品なノーカラータイプのリバーコートの袖口をまくって、グレーのテーパードパンツと色をリンク。こういった小技が楽しめるのは、リバーコートならではの特権です。

リバーコートを使った大人カジュアルな冬コーデ

リバーコートはもちろんカジュアルコーデにもはまります。コート自体が大人っぽく洗練された雰囲気なので、デニムスタイルが品のある仕上がりにアップデート!

インナーのニットとリバーコートの内側のカラーをさりげなくリンクさせて、おしゃれなバランスを楽しんでみてください。

柄をアクセントにしたリバーコートコーデも可愛い!

リバーコートには裏側の生地が柄になっているタイプも多数登場しています。こちらは、格子柄を襟元にチラ見せしてアクセントに。

オーバーサイズのロング丈コートはどうしても間延びしがちですが、このように柄をさりげないアクセントにすれば、冬コーデの奥行きが簡単にアップするから嬉しい!

グレンチェック柄のリバーコートで季節感たっぷりに

最後にご紹介するのは、表側にガンクラブチェック柄生地を用いたリバーコートです。アウターでチェック柄を投入すると、誰でも簡単に季節感が演出できるのでおすすめです。

襟元を無地のブラウンで引き締めているから、野暮ったく見える心配はゼロ。リバーシブル仕様かつ無地・柄の両方を存分に楽しめるデザインも登場しているので、ぜひお気に入りの1枚を見つけてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。