大人世代のパーカー必勝法! ラフ過ぎずパッとあか抜けるコツとは?

最終更新日: 2019/12/11 by kaori

スタイリングのハズし役としても人気のパーカー。しかしラフになりすぎて、だらしない印象を与えているかもしれません。大人世代がパーカーを取り入れるなら、「きれいめ」や「ハンサム」を意識することが大切です。#CBKモデルを参考に、早速お手本スタイルをチェックしていきましょう♪

上下のカラーを統一しつつ、正統派コートをオン

シックなブラックパーカーには、同じくブラックのスキニーパンツを合わせてすっきりと! スナップではブルーのチェスターコートを加えて、トラッドな雰囲気を演出しています。ロング丈で縦長シルエットを強調しつつ、足元はいつものスニーカーを迎えて理想の大人カジュアルを手に入れましょう。

ジャストサイズならレイヤードもこなれる

ジャストサイズのグレーパーカーなら、フィット感のあるライダースジャケットとの組み合わせも、もたつかずスタイリッシュ! ホワイトのワイドパンツでハンサムな雰囲気を漂わせたら、清潔感たっぷりなホワイトスニーカーを組み合わせて。カジュアルな中にも気品を放つのが、大人女子流です。

ハンサムジャケットで、とことんメンズライクに

大人世代が今季チャレンジしたいスタイルが、ジャケット×パーカーのレイヤード! トラッドな印象のジャケットも、カジュアルなパーカーを掛け合わせることでラフな雰囲気を足し算できるんです。

ボトムはスナップのようにブラックスキニー合わせはもちろん、大人っぽいフレアパンツを添えて最旬のパーカースタイルを楽しむのも手。

色数を抑えるだけで、ぐっと大人顔

ベージュのパーカーを取り入れて、旬のワントーンコーデにチャレンジ! オーバーサイズのパーカーとナチュラルなパンツの着こなしには、クリアなホワイトTシャツを覗かせてシャープな印象を強めると、こなれ感あふれる上級者コーデが叶いますよ。腰回りをカバーしてくれるから、膨張しがちなベージュも難なくトライできますね♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。