ダウンジャケットを大人っぽく着こなそう! 知っておきたい4つの鉄板技

最終更新日: 2019/12/23 by kaori

冬の必須アイテム、ダウンジャケット。もこもことしたフォルムゆえに、子どもっぽく見えたり、カジュアルになりすぎたりと、おしゃれに着こなすのが正直難しいと感じる女子も多い様子です。とはいえ、防寒機能の高いダウンに頼りたい!

そこで今回は、ダウンジャケットを大人っぽく着こなすための鉄板技を4つご紹介します。

先端までメリハリをつけるのが鉄板手段

長めでボリュームのあるダウンコートは、太めのパンツを合わせると体型によってはハードルが高いことも……。そんなときこそ、スッキリ見せが叶う細身パンツの出番です!

アンクル丈で華奢なくるぶしを見せ、さらに存在感のあるダッドスニーカーをセレクト。こんな先端までメリハリを効かせたスタイルなら、間違いなく好バランスに決まりますよ。

カラーダウンに視線を集めて

明るいカラーのアウターに視線を集めるのも、スタイルアップの王道テクニックです。中でもダウンジャケットなら派手なカラーと好相性。スタイリングするときには、上下の服はシンプルを心掛けるのが鉄則です。

スナップではモノトーンカラーを軸に、グリーンのダウンがアクセント的役割を担っています。ヘアースタイルやキャップで“盛る”ことにより、視線の誘導を上げることに繋がりますよ。足元は、ホワイトスニーカーで軽やかに仕立てて。

きれいめな装いへとアシスト

スポーティになりがちなダウンコーデを、品よく見せることで子供っぽさを回避! そこで使えるのがレディなワンピースです。スナップのようなロング丈なら、アウトドアの印象が強いダウンを上品な方向にシフト。色数を抑えることで、着膨れ感も払拭できますよ♪

オールブラックで引き締めて

もこもことしたダウンジャケットは、ともすると可愛く寄り過ぎてしまうことがありますよね。そんなときには、きれいめなブラックコーデで大人っぽく決めましょう!

小物やシューズまでブラックで統一すれば、直線ラインが際立ちスラっと背が高く見える嬉しい効果も。地味見えや重たい雰囲気にならないよう、ニット素材やレザーアイテムなどブラックの質感に変化をつけモードな印象へと導いて。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。