親しみやすい可愛らしさはそのままに♡ ベビーファーストなママファッション4選

ママになってもオシャレでいたい! そんな思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ベビーファーストの中にも大人可愛いカジュアルを取り入れる方法をご紹介します。理想のママスタイルを一緒にチェックしていきましょう♪

※記事中のモデルさんにはママさんでない方も含まれますが、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

キュートな耳元アクセサリーでママのオシャレと気分をアップ

ネックレスやリング・ブレスレットは、装飾によりベビーちゃんを傷つけてしまう危険があるため避けるのがベター。ピアスやイヤリングなど顔の高い位置に身に着けるアクセサリーなら、比較的お子さまの肌に触れづらいので過度に心配することなく女っぽさを盛れますよ♥ スナップのようなクラシカルなピアスはもちろん、眼鏡や帽子で大人っぽく仕上げるのもアリ。

ラフなアイテムはカラー選びを重視

動きやすくてお手入れ簡単なコットンワンピースを、巣ごもりライフに重宝しているママも多いのでは? とはいえ、シンプルすぎて部屋着っぽい印象に見える心配もありますよね。

そんなときはきれいめカラーを重視してみて。スナップのように上品に今年っぽく決まります。お子さまは色違いのカットソーを選ぶなど、カジュアルな親子リンクコーデを叶えるのも素敵♥

授乳中に頼れるのはやっぱりシャツワンピース

授乳のしやすさはもちろん、程よくフェミニンな雰囲気を楽しめるシャツワンピース。羽織としても使えるのでワードローブに1着用意しておきたいアイテムです。スナップのようにパンツやレギンスをレイヤードして、ベビーファーストでも可愛いママを目指してみて♥

オールインワンで素敵なママに

授乳を気にせず服を選べる日なら、旬のオールインワンがおすすめ! ママになっても変わらず素敵な印象を与えられる上に、気になる部分をカバーできるのもうれしいところ。

大きめのバッグを添えてカジュアルに決めてみたり、たまにはママバッグを封印して小さめバッグで女っぽさを盛ってみたりと、その時々のオシャレ欲を満たしてくださいね♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。