今ドキな髪型は「ファッショニスタ・TAEさん」から学ぶ! ミディアム~ロング向けヘアアレンジ♪

最終更新日: 2020/07/22 by watabe

ヘアアレンジがマンネリしつつある方に、ぜひ覗いてみてほしいのが#CBKの人気ファッショニスタ「TAEさん」のスナップ。彼女の髪型を参考にすれば、変わり映えしなかったアレンジに彩りが加わります。

今回はミディアムからロング向けのアレンジに特化して、TAEさんの今ドキヘアをご紹介。意外と簡単にマネできるので、ぜひ挑戦してみてください♪

今ドキヘアの鍵はズバリ「抜け感」! きっちりよりも「チョイ崩し」を選ぶべし

20代から30代に人気があるアレンジは、どれも「抜け感」があるのが特徴。難しく感じますが、「ラフさ」さえプラスすれば抜け感は簡単に作れるんですよ。

TAEさんが作るお団子ヘアを参考に見てみましょう。後ろや毛先をきっちりしまうことなく、自然な感じに仕上げていますよね。ピンを使わないおかげできっちり感なく、今ドキなアレンジに。余裕のある女性にも感じられます♪

前髪アレンジで5歳も変化?! 大人が試したいのは「シースルーバング」

前髪は顔の表情を作り出す重要な役割を果たしています。事実、手を抜くだけで5歳上に見えてしまうことも! そこで大人女性におすすめのアレンジが「シースルーバング」です。

細かな束で動きを出すので、キメ過ぎてる感はゼロ。パパッと整えた感じを見せつつ、コテや整髪料で作り上げれば、こなれ感を演出できます。TAEさんをはじめとするファッショニスタ熱愛の「シースルーバング」に、今すぐトライしてみて♪

エモすぎる、と話題の最先端アレンジ! 「レディースのセンター分け」

堅苦しい、近寄りがたいなど、マイナスなイメージだった「センター分けの前髪」……。しかしそれは以前までの話。現在はエモーショナルな雰囲気満載になれる!と話題になっています。

例えばTAEさんのように数束ずつ外側に巻くことで、キレイな段差を作れます。延長線上で耳付近もクルンと仕上げれば、「エモすぎる!」と思わず感じる前髪の完成。整髪料はオイルを使って、抜け感もプラスしてくださいね。

周りと差を付けるなら「触角の毛」の長さにこだわろう

こちらはポンポンが付いているようなヘアアレンジ。結ぶゴムの色がビビッドカラーならアクティブな印象に、パステルカラーであればふわふわ系女子に変身。髪色にマッチした色味なら、カジュアルな雰囲気を演出できます。

さらにTAEさんのこめかみ部分、いわゆる”触角の毛”は短くカットされています。これが小顔効果を発揮するポイントに! ロングヘアの場合は触角の髪を口元付近までカットすれば、トライも簡単ですよ。

巻き方一つで個性派に変身! コテは豊富に持ち合わせておくとGOOD

触角(こめかみ部分の毛)はふんわり巻くほか、ストレートのままにする方がほとんどです。しかし細めのコテで思いっ切り巻けば、存在感抜群なヘアスタイルに仕上がります。

「今日は挑戦したヘアスタイルを作りたい」、そんなときはクルクルと触角を巻いてみましょう! 新たな自分に出会えるはず。

The following two tabs change content below.
mana.m

mana.m

美容専門学校卒業後、美容師・アイリストとして勤務。現在は主婦をしながら、ファッションやメイクの知識をWebライターとして発信しています。