【自粛開けファッションは引き締めが人気】夏でも主役級のブラックコーデを楽しむ方法

2020年夏は、自粛開けによりおこもりスタイルからシフトしたせいか、ブラックで引き締めるスタイルが人気。ブラックカラーをコーデの主役に取り入れるだけで、簡単に大人っぽさが演出できるのも嬉しいところです。

夏にブラックを取り入れるポイントは、素材感や合わせるアイテムを厳選すること。例えばシアー系素材を組み合わせれば、トレンドを押さえつつ幅広い着こなしが楽しめますよ。ファッショニスタのスタイリングを参考に解説します!

【1】シンプルだからこそ素材選びが大事な「Tシャツ×ブラックスカート」

トレンド感を備えたシアー素材のプリーツスカートを選べば、ブラックでも重く感じません。シンプルなホワイトTシャツはやや丈が短めで、生地がしっかりしたものを選ぶのがチープ感をなくすポイントです。バランスと素材選びがマッチすると、シンプルかつおしゃれ上級者のコーディネートが完成します。

【2】ボリューム感ある「ブラックのティアードスカート」ならトップスはシンプルでOK

スカートは長ければ長いほどおしゃれ感が出るのが、ここ最近のトレンドです。足首を隠すほどの「ロングティアードスカート」はボリューム感があり、歩くたびにフレアの動きが出て華やか♪

トップスはノースリーブをシンプルに組み合わせると、重くならずブラックスカートを引き立てます。

【3】シンプルな「Aラインワンピース」で上品さを格上げ

シンプルな「ブラックのワンピース」はAラインがおすすめ! ノースリーブを選んで軽快さをプラスしましょう。足元やバッグにホワイトを取り入れて、全体を軽やかにコーディネートするのがポイントです。

【4】シアー素材で「ブラックのレイヤードスタイル」を軽やかに見せる

「ブラックのスリットワンピース」にプリーツスカートをレイヤードしたスタイル。今季は、ドラマの登場人物も「ロング×ロング」でコーディネートしている着こなしが多く見受けられます。

スナップでは、ブラックだけでは重くなりがちなところに、涼やかな素材のホワイトプリーツスカートを組み合わせ上品にまとめています。

【5】「ブラックのチュール素材パフスリーブトップス」でレディな表情に

今季人気のシアー素材をパフスリーブに取り入れたトップス。パフスリーブのレディなデザインにプラスして、チュールのシアー感がよりフェミニンさを演出しています。これならパンツスタイルでスタイリッシュに決めても、女性らしさを損いませんね♡

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。