一見地味だけど……実はめっちゃ使える! 「ロンT」5つの活用術

カジュアルの定番中の定番「ロングTシャツ」。みなさんの中で、地味アイテムの代表みたいなイメージになっていませんか? 確かに地味ではあるんですが、実はワードローブにあるとめちゃくちゃ使えるんです。

そこで今回は「ロンT」のコーデ活用術を5つご紹介。わき役としてだけでなく、主役にもなる着こなし術をぜひ試してみてくださいね。

「ロンT」活用術1/引き算アイテムとしてデザインボトムスと合わせる

まずご紹介するのは、ロングTシャツの地味さを逆手に取って、わき役に徹した引き算コーデ術。こちらでは華やかデザインのボトムスを引き立てるために、無地ロンTを添えています。

無地のロンTはワードローブのバランサーとして本当に重宝するので、買い足して損はありません!

「ロンT」活用術2/サロペットのインナーにして大人カジュアルに

こちらもロングTシャツをわき役にするスタイリングテクニック。サロペットのインナーを夏のTシャツからロンTにチェンジした大人カジュアルコーデです。サロペットとの色合わせで個性をアピールできるので、意外と着こなしの幅が広がります。

「ロンT」活用術3/ウエストにベルトをONしてシルエットチェンジ

ここからはロングTシャツを主役にするコーデテクニックをご紹介します。

丈が長めのロンTはウエストベルトでブラウジングして着こなすと、簡単にシルエットチェンジできて、鮮度の高いコーディネートが完成! タックインとはひと味違うおしゃれなバランスに仕上がりますよ。

「ロンT」活用術4/「Iライン&帽子」でシンプルコーデをスタイルアップ

ロングTシャツをさらっと一枚で着こなしたい日は、タイトスカートを合わせてIラインを作ってみて。程よくカジュアルさが抑えられて大人っぽく決まります。キャップなどの帽子を使って、目線アップさせるスタイルアップ技もマネしたい!

「ロンT」活用術5/大胆なプリントでロンTを主役にするのが旬!

今季は大胆なプリントが施されたロングTシャツも人気アイテムです。シンプルボトムスとのワンツーで潔く着こなせば、スタイリッシュなカジュアルコーデが作れますよ。

ちょっと地味に感じるロンTですが、こうやって見てみると意外とおしゃれなアイテムだと思いませんか? ぜひいつものコーデに投入してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。